競艇で舟券が当たらない原因と対処法を解説!

競艇を続けていると、それまで順調に勝てていたのに、ある日突然まったく舟券が的中しなくなる、という時期が必ず訪れます。
舟券がなかなか当たらないと、競艇を楽しむための軍資金が目減りしていくので、大抵の人は焦ってしまうでしょう。

しかし、あらかじめ当たらなくなるということを想定しておき、その時の対処法を知っておけば、いざ自分がそうなった時にも早くスランプを脱出することができます。

本記事では、舟券がなかなか当たらない時の対処法を解説するので、是非参考にしてみてください。

競艇サミット公式LINE登録はこちら

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトnova

9月3日に「住之江6R→住之江7R」のコロガシ成功で2,507,070円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

当たらない要因は大きく分けると2つ

当たらない要因は大きく分けると2つ

競艇の舟券がどうして当たらないのかについてですが、結論を言えば、「自分が予想していたのとはまったく違うレース展開になったから」です。
舟券を購入する前には、出走表などを見てどのようなレース展開になるかを予想することが必要不可欠です。

事前の予想が正しければ、どんなに難しいレースでも的中させることができますし、逆に予想がまったく見当違いのものであれば、どのような鉄板レースであっても的中させることはできません。
予想が見当違いになってしまう理由としては、運の要素も絡みますが、たいてい以下のふたつの要因のどちらかに当てはまるでしょう。

スランプに陥っている

ひとつめの原因は、「いつの間にかスランプに陥ってしまった」というものです。
それまでなんとかプラス収益だったのに、ある日を境に全然当たらなくなってしまってマイナス収益になってしまって、そこから抜け出せないという人はスランプに陥ってしまっているかもしれません。

スランプがなぜ発生してしまうのかというと、「それまでとは何かが変わっている」からです。
スランプから脱出するためには、この変化にいち早く気づくことが大切です。
スランプだと気づいているのに、特に対処もせずに同じように舟券を買い続けていると、更に負けが続いてメンタル的にも金銭的にも大きなダメージを負うことになってしまうでしょう。

自分がスランプだと実感したのであれば、まずはスランプになった原因を探ることに集中しましょう。

そしてスランプを脱出するまでは、舟券を購入するレース数を減らしたり、1点当たりの購入金額を少なくしましょう。
的中できなかったとしても受けるダメージが少なくなるような対策が必要です。

もともと予想をする能力が足りない

次に、「もともとプラス収支になっていないのに、更に当たらなくなってしまった」という人は、予想をする能力自体がまだまだ足りていない可能性があります。
予想をする能力がもともと低い人は、いくら自分の舟券が当たらない原因を探ったところで意味がありません。
予想する能力が足りないのであれば、取るべき手段は「今まで以上に競艇についての勉強をする」事に尽きます。

競艇についての勉強をするのにお金は必要ありません。
ネット上には競艇に関する情報が溢れているので、それらを毎日時間があればチェックするだけでも十分勉強になるでしょう。

予想をする能力が足りない人に特に心掛けてほしいのが、「負けた時の振り返り」です。
実は舟券が的中したときよりも、外れた時のほうが自分の予想精度を高めるための情報をたくさん得ることができます。

舟券が的中しなかったときは、自分の予想と実際のレース展開を見比べて、どの部分の読みが甘かったのかを分析しておくと、次回以降のレース予想に活かせます。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトnova

9月3日に「住之江6R→住之江7R」のコロガシ成功で2,507,070円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

とにかく当てたいのであればレース選びが大切

とにかく当てたいのであればレース選びが大切

競艇に限らず、公営競技全般に言えることかもしれませんが、とにかく的中させたいという人は、舟券を購入するレースを慎重に選ぶようにしましょう。

競艇はその性質上、「最終直線での一発逆転」という現象が極端に起こりにくい競技です。
競馬では競走馬が、競輪では選手が自転車を漕いで走行します。
競走馬や競輪選手には「スタミナ」があり、ペース配分を間違えると、ゴール前にスタミナが尽きてしまうことがあります。
すると100パーセントの力を発揮できずに、最終直線でスタミナを残していた馬や選手に追い抜かれてしまう、といった展開になるでしょう。

しかし、競艇のボートはエンジンによって進みます。
エンジンにはスタミナという概念はありません。
多少の性能差があるものの、90パーセント以上の確率で、スタートから第1ターンマーク終了時までで勝敗が決まります。

したがって、事前に得られるデータを基にして、舟券を買うレースを吟味するだけで的中する可能性はかなり高くなります。
本項目では的中させやすいとされているレースの特徴について、解説します。

1号艇がA1級選手のレース

競艇は、1号艇が圧倒的に有利となる競技です。
スタートから最初のターンでほぼ勝敗が決するため、最短距離でターンまで到達できる1号艇には大きなアドバンテージがあります。

この1号艇に実力ある選手が乗っていれば、その時点で軸にできる選手が決まるので当てやすいレースになります。
まずは気になったレースの1号艇選手の級別(クラス)をチェックしましょう。
A1級選手であれば、信頼度はかなり高いです。

あとはスタートがほかの選手より遅くないか、積んでいるモーターの性能がほかの選手よりも大きく劣っていないかを確認しておくとよいでしょう。

モーニングの前半戦

モーニングレースとは、通常よりも早い時刻に開始されるレースのことです。
モーニングレースは集客を目的としているので、特にほかの競艇場がレースをしていない前半戦では、的中させやすい番組構成となっています。

A級の選手のみ1号艇に配置し、そのほかの選手はB級となっているレースもありますし、それに加えて「進入固定」という、コースを変えて進入することを禁止しているようなレースもあります。
とにかく舟券を当てたいと考えている人は、モーニングレースをチェックしましょう。

参考 競艇のモーニングレースは儲かる?特徴や予想方法を徹底解説!

節の最終日レース

ひとつのレースはその日1日で終わるのではなく、予選から優勝戦までを数日間かけておこないます。
その中でも節の最終日レースは、実力ある選手のみが残っているということもあって、荒れにくくなっており、的中させたいという人にとっては狙い目となっています。

最終日のレースで、1号艇がA級選手となっていれば、そのまま1着になる可能性は高いです。

1コースの勝率が平均以上の競艇場を選ぶ

全国に24カ所ある競艇場は、それぞれ独自の特徴を持っています。
とはいえ、24カ所の競艇場すべての特徴を掴むのは難しいので、舟券を的中させたいのであれば、「1コースの勝率が平均以上」の競艇場のレースを集中して買うようにしましょう。

全国の競艇場で、1号艇が1着になる確率はおよそ55パーセント程度です。
1号艇の1着率が60パーセントを超えるような競艇場であれば荒れにくいため、ほかの競艇場よりも予想はしやすいでしょう。
参考 競艇場の特徴を知れば舟券の的中率は確実にアップする!

重賞レースは基本的に当てにくい

重賞レースは基本的に当てにくい

節(シーズン)の最終日レースは実力選手が集まるので的中させやすいと紹介しました。
ではG3以上のいわゆる重賞レースはどうでしょうか。
重賞レースでは一般戦の最終日よりも出場条件が厳しく、実力もトップクラスの選手ばかりが集まるので、本命選手がそのまま1着を取ってくれそうなイメージですが、実はその逆で重賞レースは基本的には当てにくいレースです。

確かに一般戦の最終日と同様に実力選手が集まるのは同じなのですが、重賞レースの場合はその中でも一流選手ばかりが出場します。
一流選手は、自分のペースにさえできれば、多少不利なコースからでも1着になれるほどの実力を持っています。

さらに重賞レースは賞金が高いということもあり、レースに挑む選手たちの心境も一般戦とは大きく異なります。
特にSG戦ともなると、一般戦では考えられないような勝負を仕掛けてくる選手も出てくるので、レース展開が予想しにくいです。
舟券がなかなか当たらないというときは、重賞レースはあまり買わないほうが良いかもしれません。

参考 競艇のSG競走とは?出場条件や予想方法を徹底解説!

気象条件は見落としがち

気象条件は見落としがち

レース展開を左右するもののひとつに「天候」があります。
特に風は、走行する艇や水面に大きな影響を与えるということもあり、事前に収集しておいたほうが良いデータです。

しかし、レース当日の風速はその日に確認しなければいけないので、ついつい見落としがちです。
舟券を的中させたいと考えているのであれば、レース当日の風については必ずチェックしましょう。
風速が5メートル以上あると、レースが荒れることが多いです。

展示航走は出来るだけ確認しよう

展示航走は出来るだけ確認しよう

展示航走とは
展示航走とは実際にレースをする前に選手たちが実践さながらのい走る姿を観客に見せること。

ネットで舟券を購入するという人は、展示航走をほとんど見ないのではないでしょうか。
しかし、展示航走は舟券を購入する人がレース本番前に実際に走行する選手やボートを見ることができる唯一の機会です。

展示航走では、選手が上手くターンを回れているかや、スタート時のモーターの加速、そしてスタートのタイミングが合っているかなど、多くのことを自分の目で確認できます。
時間がない場合は仕方ないですが、特に用事がないのであれば、レース前の展示航走は自分の目で確認しておきましょう。

参考 競艇の展示航走とは?流れと予想に活用できる見方について解説

当たらない時はプラスになったらすぐに止める

当たらない時はプラスになったらすぐに止める

レースをしっかり吟味して舟券を購入し、見事その舟券が的中したとします。
もし、その時点でプラス収益になっているのであれば、それ以上舟券を購入するのは止めておきましょう。
的中するとスランプを脱出したと思ってしまいがちですが、1回的中したからといってスランプを脱したり、予想の知識がついたと考えるのはまだ早いです。

なかなか当たらない時に舟券が的中し、プラス収益になったら深追いはせず、ひとまずそのお金は次回の軍資金として保管しましょう。
次回も同じように予想してみて、また的中できたのであればこれまでの対策は間違っていなかったという自信にも繋がるので、冷静さを取り戻すことができます。

的中率が高い競艇予想サイト
競艇予想サイトnova

9月3日に「住之江6R→住之江7R」のコロガシ成功で2,507,070円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇Novaの公式ページはこちら

当たらない時の対処法

当たらない時の対処法
ここまでは、舟券が当たらない原因について解説しました。
しかし原因をいくら分かっていたとしても、正しい対処ができなければ何の意味もありません。

本項目では実際に自分が舟券がなかなか当たらないといった状況に陥ってしまった際の対処法について解説していきます。

まずは舟券を購入することを一旦止める

舟券がなかなか当たらなくなってしまった時に真っ先にやるべきことは、「舟券を購入することを一旦止める」ということです。
2度3度連続で舟券が当たらない程度であれば、偶然ということも考えられますが、5回以上連続で外れる時は、偶然という理由だけでは片づけられません。

それだけ連続で当たらないということは、おそらく何かしら明確な理由があります。
負け続けることから脱出するためには、その明確な理由を探して見つけ出さなければいけません。
その理由を見つけ出さない限り、負け続けるという負のスパイラルから抜け出すことは難しいです。

時間はかかるかもしれませんし、これまで買っていた舟券を買わないという我慢をするのは辛いかもしれません。
しかし、出費をこれ以上増やさないようにするためにも、とにかく舟券を買うことは一旦止めましょう。

競艇はドツボにハマりやすいギャンブル

ギャンブルには色々な種類がありますが、そのなかでも競艇はドツボにはまりやすいギャンブルだと言われています。
まず競艇は全国24カ所の競艇場で、ほぼ毎日レースが開催されているので、お金さえあれば毎日舟券を購入することができます。ドツボにハマりやすいギャンブルの代表選手がパチンコやスロットですが、パチンコやスロットは一度に投資できるお金がそれほど大きくないので、一日中負け続けたとしてもある程度上限というものがあります。

しかし、競艇の舟券にはかけ金に上限がありません。
とある芸能人ですが、ベンツの新車を購入するためのお金を競艇に全額投資して一日でゼロになってしまったという話もあるほどです。
だからこそ、競艇では舟券が当たらなくなったときには一旦舟券を購入することを止める、という行動が重要となります。

負け続けると冷静な判断ができなくなる

人間というのは、窮地に陥れば陥るほど冷静な判断ができなくなるものです。
自分の身近でギャンブルにハマっている人の中にも、負けた分のお金を取り戻そうとあえてオッズの高い買い目を購入しているような人がいるのではないでしょうか。

そういった舟券の買い方をしている人は明らかに冷静な判断力が失われています。
それで、もしも舟券が的中したとしても、それはたまたま運が良かっただけです。

再び舟券が当たらないといった危機に陥った際には、同じように脱出できるとは限りません。
ギャンブルや投資の世界では順調にいかなかった時こそ、冷静な判断力が求められます。

競艇はいっとき舟券を購入しなかったからといって無くなるような競技ではありません。
お金を賭けなくても、レースの予想は出来ます。

舟券を当てられない明確な理由が分かり、予想精度が以前の状態に回復するまではお金を賭けずに予想だけをしてみるというのも対処法のひとつといえるでしょう。

まとめ

まとめ

競艇を続けていると、なかなか舟券が当たらないといった状況に誰しも必ず陥ります。
舟券が当たらない時が続いた場合は、ひとまず舟券を購入するのを止めるのが最善の対処法です。

舟券が当たらない理由としては、スランプに陥ったか、もともと予想力が足りないかのどちらかになります。
それまで的中させていて急に当たらなくなったのであれば、スランプの可能性が高いです。
的中させていた時と、今とでは何が違っているのかをさまざまな角度から分析するようにしましょう。

そして、ずっと当たらないのであれば、もともとの予想力が足りない証拠です。
もともとの予想力が足りない場合は、ネット上の競艇に関する記事を読むなどして、自分の予想力を高めるための勉強をしましょう。
とにかく的中させることを優先するのであれば、レース選びがとても重要です。

以下に挙げた3つのレースは比較的的中させやすいとされています。

的中しやすいレース
    • 1号艇がA級選手のレース
    • モーニングレースの前半戦
    • 節の最終日レース

また、各競艇場にはそれぞれ特徴があり、それはそのまま1号艇の1着率に表れています。
全競艇場の1号艇1着率はおよそ55パーセントなので、1号艇の1着率が60パーセントを超えるような競艇場のレースに絞って舟券を購入すると、更に的中率は高くなるでしょう。