競艇の倍率(オッズ)の見方と各配当の平均倍率を解説!

競艇の倍率の見方と各配当の平均倍率を解説!

競艇の舟券を購入するときは、いろいろな部分をチェックすることとなりますが、そのなかでもほぼ全員がチェックする項目に「舟券の倍率」があります。
倍率は競艇で勝ちたいと考えている人にとってはとても重要な項目で、倍率をチェックしつつ舟券を講習する金額を決めることが、競艇で利益を出すための秘訣です。

本記事では、「競艇の倍率がどのように決められているのか」「倍率に関する雑学」、「競艇で勝つためには倍率をどのように活用していけばいいのか」について解説していきます。

本日のおすすめ予想サイト
競艇サラリーマン

5月7日に部長プランで「蒲郡1R→蒲郡3R」のコロガシ成功で1,327,120円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇サラリーマンの公式ページはこちら

競艇の倍率とは?

舟券の倍率とは、簡単にいえば「舟券を購入したときに支払ったお金が何倍になって払い戻されるか」をあらわした数字です。

たとえば、ある舟券を1,000円で購入したとしましょう。
そして、その舟券の倍率は5倍だったとします。
見事その舟券が的中した場合は、1,000円の5倍なので、5,000円が払戻金として支払われることになります。

ちなみに競艇をはじめ公営競技では、倍率という言葉はあまり用いられず、「オッズ」という言葉であらわされることが多いです。
倍率とオッズは同義語だと考えればよいでしょう。

倍率はどのように決まっていくのか

競艇の倍率とは?
倍率は各組番ごとに異なっていますが、どのように決められているのかというと、その組番にどれだけのお金が支払われたのかで決定されます。

その組番を購入した人数で決まるのではなく、たとえば10人がその組番に一人1,000円投資したときと、ひとりがひとつの組番に20万円投資したときとでは、後者のほうがその組番に多くお金が支払われていることになるので、倍率は低くなります。

倍率はリアルタイムで変化する

倍率はその組番に支払われたお金によって決定されるため、本当の倍率はレース直前になるまで分かりません。
ですから、より正確な倍率で舟券を購入しようと考えているのであれば、前日などに舟券を購入するよりも、時間の許す限りレース直前まで待ってから購入する必要があるというわけです。

ただし、レース当日くらいになるとだいたい人気というのは定まってくるので、それほど倍率が大きく変動するようなことはありません。

競艇の倍率の見方

競艇の倍率の見方
倍率は競艇場のモニターや競艇のオフィシャルウェブサイトに一覧表となっているので、簡単にチェックすることができます。
組式によって多少見方が変わりますが、表の一番上に書かれているのが1着の番号、横軸が2着以降の番号という認識で見ていけば自分が購入しようとしている買い目の倍率を確認できます。

倍率はどのように確認すればよいか

倍率はどのように確認すればよいか
上の図を使いながら実際の倍率の確認方法を解説します。
この図は3連単のオッズ表ですが、このレースで「2-1-3」の舟券を1,000円分購入しているとします。

1着が2号艇なので、真ん中の「柴田光」選手の列のオッズを確認しましょう。
2着が1号艇なので、すぐ下の「1」の列を見て、その隣の「3」の横に書いている数字が「2-1-3」の倍率になります。

この図では「105.3倍」になっているので、1,000円で的中させると105.3倍ということは105,300円の払戻金となります。

倍率は歪みが発生することもある

倍率は、その組番に支払われたお金が多ければ多いほど低くなっていきます。
基本的には勝てる可能性が高い選手ほどみんな舟券を買おうとするので、強い選手同士の組み合わせになればなるほど倍率は低くなっていきます。

ところがレースによっては、決して実力があるわけではないのにも関わらず買いが集中し、倍率が高くなることがあります。

そういったレースは、それと同時に本当は出場している選手のなかでもっとも実力があるのに、倍率では一番低くならない、といったイレギュラーが発生します。
これを「オッズの歪み」と呼んでいます。

なぜ歪みが発生するのか

オッズの歪みは、SGやG1といった大きなレースで発生する可能性が高くなります。
競馬でもそうですが、大きなレースというのは注目されるということもあり、普段競艇の舟券を買わない初心者も試しに舟券を買ってみよう、という気持ちになりやすいです。

そういった人たちが自分が名前を知っている有名選手や人気選手が絡んでいる組番をたくさん買うと、オッズの歪みが発生しやすいです。
また地元の人気女性選手が出場するレースなどはその選手を応援するという意味で、実力を度外視して舟券を購入する人が続出した場合にも歪みが発生することがあります。

また予想屋や新聞、解説で印がついている買い目も特に初心者が購入しがちなので、その買い目の選手の実力が伴っていなければ歪みが発生します。
買い目の歪みを見極めれば、的中率が高い着順で高い配当金を得られるためとてもお得です。

各購入方法の平均倍率について

各購入方法の平均倍率は以下の表のようになっています。
なお、単勝などほかの勝式のデータはないので、表には掲載していません。

勝式 平均倍率
2連単 18.6倍
2連複 9.3倍
3連単 73.2倍
3連複 12.4倍

倍率を見ると、やはり的中率がもっとも低い3連単の平均倍率がもっとも高くなっています。
しかし、これは荒れたときの倍率も含めた平均倍率なので、実際には表の倍率よりも低くなるケースがほとんどです。

歴代高配当ベスト10をチェック

競艇における、これまでの歴代高配当トップ10を表にしました。

順位 払戻金 レース場 開催日 グレード 勝式 組番
1 682,760円 徳山 2011/05/22 一般 3連単 4-5-2
2 650,610円 三国 2016/03/21 一般 3連単 6-3-5
3 595,550円 徳山 2019/01/16 一般 3連単 6-4-3
4 579,900円 芦屋 2016/05/24 一般 2連単 6-4
5 554,930円 丸亀 2020/03/14 一般 3連単 6-5-4
6 537,990円 若松 2003/12/10 一般 3連単 2-6-5
7 535,520円 江戸川 2020/11/07 一般 3連単 6-5-1
8 534,930円 芦屋 2020/11/21 一般 3連単 5-3-6
9 514,810円 蒲郡 2013/10/05 一般 3連単 6-2-5
10 511,500円 大村 2014/07/12 一般 3連単 6-3-4

直近では2020年3月14日に丸亀競艇場にて歴代5位となる払戻金が発生しています。
歴代高配当トップ10を見ていくと、レースはすべて一般戦であることと、ほとんどが3連単の配当になっていることがわかります。

しかし、歴代4位の芦屋競艇場でのレースは唯一2連単の勝式です。
このレースは1号艇の選手のみがA1選手で、残りはすべてB級でした。
競艇は1号艇が圧倒的に有利であり、なおかつ1号艇の選手のみが最高ランクのA1選手ということもあって、人気が1枠に集中しました。

しかし、結果は一番大外の6号艇が1着という結果になっています。
6号艇の選手は唯一最低ランクであるB2選手でした。
下記の多くの偶然が重なった奇跡のようなレースとなったため、異常な払戻金になったことがわかります。

異常な払戻金になった理由
・A1選手が着順に絡まなかった
・大外の6枠が1着
・6号艇の選手は唯一最低ランクのB2選手

今後これを超える2連単の払い戻しは出ないのではないかといわれているほどです。

競艇で勝つためには倍率を考慮しながら舟券を買うことが必要不可欠

競艇で勝つためには倍率を考慮しながら舟券を買うことが必要不可欠
倍率は舟券が的中したときの払戻金に直接影響するので、競艇で勝ちたいと考えている人にとってはとても重要なデータです。
出場する選手のうち、誰が上位2位以内、あるいは3着以内に入るか予想したうえで買い目を決定したら、構成のオフィシャルサイトなどをチェックしてその買い目の倍率がどれくらいになっているのかを必ず確認しましょう。

どの舟券が的中してもプラス収支になるようにする

競艇でしっかりと稼ぎたいのであれば、舟券を購入する前にそのレースでお金をどれだけ使うのかを決めるようにします。
そして、自分が購入しようとする買い目の倍率をチェックして、どの舟券が的中してもプラス収支になるように舟券の購入資金を分配しましょう。

したがって倍率が低い舟券は購入金額が大きくなりますし、逆に倍率が高い舟券は購入金額が低くなります。

倍率を考慮せずに買うとトリガミになることも…

どの舟券が当たってもプラス収支になるように舟券を買わないと、せっかく的中しても支払ったお金のほうが払戻金よりも大きい、「トリガミ」という現象が発生します。

たとえば1,000円分の舟券を購入するとして、1-2-3という買い目を400円購入し、残りはほかの買い目を購入したとします。
これで1-2-3が的中して倍率が2倍だった場合、払戻金は400円の2倍なので800円にしかならず、舟券を買ったときに支払ったお金よりも少なくなります。
2倍の買い目で1,000円以上の払い戻しを受けたいのであれば、少なくとも600円は支払う必要があります。

本日のおすすめ予想サイト
競艇サラリーマン

5月7日に部長プランで「蒲郡1R→蒲郡3R」のコロガシ成功で1,327,120円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇サラリーマンの公式ページはこちら

まとめ

競艇の倍率とは、的中した際の配当金が何倍になって戻ってくるかを示した数字です。
倍率はその買い目を購入した人数ではなく、その買い目に支払われたお金が多ければ多いほど倍率は低くなります。

とはいえ、基本的には実力がある選手に多くのお金が集まるため、たくさんの人から人気を集めた選手が絡んでいる買い目の倍率が低くなるケースがほとんどです。

ところが初心者が多く参加するSGやG1といったビッグレースや、地元の人気女性選手が出場するレースなどでは人気と倍率が伴っていないオッズの歪みが発生することがあります。
オッズの歪みを見極めることができれば、お得な舟券を買うことができるでしょう。