【永久保存版】常滑競艇場で勝つための予想マニュアル!特徴と傾向を徹底分析

常滑競艇場で勝つための予想マニュアル!特徴と傾向を徹底分析

競艇場は全国に24ヶ所あります。
どの競艇場でも一周300メートルのコースを3周して着順を争うというルールに変わりはありません。

しかし、それぞれの競艇場には独自の特徴があり、時にレース展開に大きく影響します。
自分が舟券を買おうとしている競艇場の特徴を把握することで、的中率をアップさせることができるでしょう。
本記事では常滑競艇場について、レース場としての特徴を解説すると同時に、各コースの勝率や得意とする選手も併せて紹介します。

常滑競艇のレース場としての特徴は?

常滑競艇場は、愛知県常滑市にある競艇場です。
常滑競艇場は伊勢湾を利用して建設された競艇場という事もあり、水質は「海水」です。

海水の特徴は淡水に比べて浮力が大きくなるという点で、体重が重い選手であっても浮力のおかげで淡水ほど影響は大きくありません。
競艇では、基本的に「周りの選手の英金体重よりも5キロ以上重い選手は予想から外したほうがいい」とされていますが、海水である常滑競艇場の場合は、コースがよければ多少体重が重かったとしても十分活躍が期待できます。

通常、海水を使用した競艇場は時間によって潮の満ち引きがあり、それらを予想に反映させなければいけませんが、常滑競艇場は水門によって完全に海と遮断しているので、水位の変化はありません。
したがって前半のレースで活躍した艇は、後半のレースでも活躍が期待できます。

常滑競艇場の過去レースの特徴と傾向

競艇では基本的に1コースの1着率が高くなるものの、全国の競艇場を比較すると、競艇場によって1コースの1着率がとても高い競艇場もあれば、逆に平均を下回る競艇場もあります。

過去のデータはその競艇場の特徴や傾向などを調べるのにとても有効なので、その競艇場にはじめてチャレンジするときは、競艇場の各コースの1着率と、全国平均とを比較してみてください。

本項目では各コースの1着率などを全国平均と比較して、常滑競艇場の過去レースの特徴と傾向を確認していきます。

各艇の勝率

常滑競艇場の各コースの1着率と全国平均を表にすると以下のようになります。

コース 常滑競艇場(%) 全国(%)
1 56.3% 55.0<%/td>
2 12.2% 14.8%
3 12.2% 12.4%
4 11.5% 11.0%
5 5.9% 5.8%
6 1.9% 1.9%

常滑競艇場の各コースの1着率を全国平均と比較すると、2コースの1着率が若干全国平均を下回っているものの、どのコースもほぼ全国平均と同率だということがわかります。

したがって、常滑競艇場はセオリー通りの予想が通用する競艇場だといえるでしょう。
ただし季節ごとで有利なコースが若干変化し、春と夏は1コースがさらに有利になりますが、冬になると1コースの勝率が下がり、4コースの勝率がかなり高くなります。
常滑競艇場で穴狙いの舟券を買うのであれば、冬場のレースをチェックしましょう。

天候や気候などによる影響

常滑競艇場は風による影響が比較的大きい競艇場です。
春と秋は風向きが変わりやすく、冬は季節風が強い日が多いです。

そのいっぽうで、夏は風が穏やかな日が多いですが、日によって風向きは変わるので、直前情報は欠かさずチェックしましょう。
基本的に「追い風はインコースが有利で、向かい風はアウトコースが有利」です。
特に風速5メートルを超えたときは風の影響がより強く出るので、直前情報で風速が5メートル以上の場合は要注意です。

地元レーサーは勝ちやすい?

水門によって外海と遮断されているので、波も立ちにくい常滑競艇場は、比較的もともとの実力差がそのままレース結果に出やすいですが、風が強くなって波が立ちやすい場合は、乗り慣れている地元選手や、海水の競艇場をホームにしている選手が若干有利になります。

競艇の予想で大切なチルトってなに?

チルトとは
チルトとは、モーターをボートに取り付けるときの角度のことをいいます。
モーターにはプロペラが取り付けられているので、ボートに対するプロペラの角度ともいえます。

モーターとプロペラはモーターボートが走行するために必要不可欠なので、チルトはボートに大きく影響することは言うまでもありません。

各選手は、モーターやプロペラを定められた範囲内であれば自由に整備できるので、チルトも選手好みで自由に変更することができます。
舟券を購入するときは、各艇のチルトをしっかり確認するようにしましょう。

チルトの角度についてですが、たとえば「チルト0.0度」は、プロペラがボートに対して直角に取り付けられた状態でこの角度だとボートの先と水面とはほぼ平行になります。

チルトは「-0.5」から「0.0」「0.5」…というように0.5度ずつ角度が変わっていき、最大チルトは3.0度なので、全部でチルトは8段階あります。

チルトを下げると初速が出やすく、ターンも回りやすい

チルトを下げるとどうなるかというと、艇の先が下を向くので、水面との設置面積が大きくなります。
設置面積が大きいという事は艇全体が安定するので、初速が出やすくターンも回りやすくなります。

そのいっぽうで接している面積が多いため、直線時にスピードが出にくいというデメリットもあります。

チルトを上げるとスピードが出しやすい

逆にチルトを上げると艇の先が上を向くので、水面との設置面積は少なくなります。
したがって直線時に水の抵抗を受けにくく、スピードが出しやすいというメリットがあるいっぽう、初速が出にくくなり、ターンも回りにくいというデメリットが生じます。

どちらの場合もメリットの反面何らかのデメリットがありますが、現在の競艇ではチルトをもっとも下げた状態である、「-0.5度」が主流だとされています。
伸び足を多少犠牲にしても、スタートダッシュやターンの回りやすさを重視したほうがレース全体を有利に運ぶことができるからです。
出走表を見ても、ほとんどの選手が-0.5度にしていることからもそれが分かります。

しかしレースの状況によっては「0.0度」「0.5度」といった角度に設定している選手もいます。
こういった選手は「まくり」を狙っている可能性が高く、狙いどおりに進むとレースが荒れる可能性が高いので要注意です。

常滑競艇場のチルトの角度は?

常滑競艇場では、2.5度を除いたすべてのチルトが認められています。
レース場の特徴を見ても分かるように、特に難水面といった競艇場ではないこともあり、自由なチルト設定が適用されていると考えられます。

常滑競艇場のモーターとボートの入れ替え時期

常滑競艇場では12月にモーターの交換をおこないます。
モーターの性能はレース結果を大きく左右するので、よいモーターを引けるかどうかで選手の勝率は多少変わってくるといえるでしょう。

とはいえ、モーターを交換してすぐのモーターの2連対率はあまりアテになりません。
少ないレース数だと、モーターの性能ではなく選手の実力による勝率の差が出やすいからです。
12月から3月は展示競走やその節の成績などをしっかりとチェックし、モーターの良し悪しを判断しましょう。

モーターの性能差が如実にあらわれるのはモーターの交換が終わってから3ヶ月から4ヶ月後といわれています。
したがって常滑競艇場の場合は、4月以降まで待つ必要があるということになります。

常滑競艇場で勝率の高いボートレーサー5選

競艇の舟券で的中率をアップさせるためには、出場する選手の特徴を知っておくこともとても重要です。
競艇選手には1人1人独自の特徴があり、得意な競艇場があります。

ネット上には選手ごとの戦績をデータ化しているサイトがあり、競艇場ごとの勝率もチェックすることができます。
競艇場ごとの勝率をチェックすることで、その選手がどの競艇場を得意にしているか確認できるでしょう。
常滑競艇場で勝率の高いレーサー5人とその特徴について紹介します。

松井繁選手

松井繁選手(出典: BOATRACEオフィシャルサイト)

インコースに「松井繁」選手の名前が出ていれば、舟券に絡めておいたほうがよいでしょう。
松井選手は「絶対王者」とも呼ばれている競艇ファンならば知らない人はいない選手で、これまでの生涯獲得賞金が唯一30億円を超えている選手です。
レーススタイルはオールマイティで、最終的に1着を狙えるレース展開を自分で組み立てることができるほどのレース巧者といわれています。

田中信一郎選手

田中信一郎選手(出典: BOATRACEオフィシャルサイト)

松井選手と同じ大阪支部に所属している田中信一郎選手も常滑競艇場での勝率が高い選手です。
田中選手は賞金王決定戦に3度優勝しているという記録を持っており、この記録は歴代最多タイとなっています。

豪快という言葉がピッタリの全速ターンが彼の持ち味で、ターンが上手い選手が有利な常滑競艇場とは相性ピッタリといえるでしょう。

白井英治選手

白井英治選手(出典: BOATRACEオフィシャルサイト)

白井英治選手は山口支部の選手ですが、主戦場としている競艇場が同じく海水で高い波に乗り慣れているということもあり、常滑競艇場の勝率はとても高いです。
師匠はレジェンド選手の今村豊選手ですが、師匠譲りのトップスピードによる鋭角ターンを得意とし、「下関のホワイトシャーク」という異名をもっています。

仲口博崇選手

仲口博崇選手(出典: BOATRACEオフィシャルサイト)

仲口博崇選手は地元愛知支部のA1レーサーです。
内よりのコースを貪欲に狙っていくというレーススタイルは、インコースが有利な常滑競艇場と相性抜群で、地元の競艇場という事もあって勝率が高くなっています。

一般戦での優勝回数が目立つ選手ですが、G1やSG戦での優勝経験もあるので、出場の際にはコースやモーターなどをチェックしておきましょう。

吉川元浩選手

吉川元浩選手(出典: BOATRACEオフィシャルサイト)

吉川選手は兵庫支部の選手で元々建築会社勤務でしたが、阪神大震災に被災したのち、競艇選手に転向したという移植の経歴の持ち主です。
デビューが24歳と当時としても遅い年齢で、その後も11年間SG競走を優勝できずにいた苦労人であり、初優勝した第22回賞金王決定戦では思わず涙を流しました。

レーススタイルはとてもオーソドックスで、王道をそのままゆくスタイルではありますが、言い換えればそのような状況でも上位を狙える実力を持っている選手です。

地元を代表するボートレーサーは外せない!注目の地元選手

常滑競艇場を主戦場としている愛知支部のエースレーサーが池田浩二選手です。

池田浩二選手(出典: BOATRACEオフィシャルサイト)

もちろん常滑競艇場においても高い勝率を記録しています。
現在では競艇の必須テクニックとなっている「モンキーターン」を進化させた「ウイリーモンキー」の発明者であり、現在では絶対王者松井繁選手に次いでSGタイルを2番目に多く獲得している選手です。

基本的に枠なりに侵入するので強引なレース運びはせず、安定性は抜群です。
そしてなんといっても華麗なターンがこの選手の真骨頂といえるでしょう。

まとめ

常滑競艇場は、愛知県常滑市にある競艇場で、伊勢湾を利用した海水の競艇場です。
しかしながら水門が設置されていて外海とは遮断されているので、水面の上下はほとんどありません。
多少風の影響は受けやすいものの、選手にとっては比較的乗りやすい競艇場となっていることから、セオリー通りインコースを軸にして舟券予想をするとよいでしょう。

常滑競艇場のアクセス

住所 〒479-8501
愛知県常滑市新開町4-111
電話番号 0569-35-5211
アクセス ・常滑駅から徒歩5分
ホームページ http://www.boatrace-tokoname.jp/