森田太陽選手の夫は19歳年上の守田俊介選手!これまでの経歴や旦那さんについて

森田太陽選手の夫は19歳年上の守田俊介選手!これまでの経歴や旦那さんについて

近年競艇は女性選手を増やすことに積極的で、現在1,600名中約200名が女性選手です。
これは4つの公営競技のなかではもっとも多く、競艇が今のような人気を獲得する大きな要因のひとつといえるでしょう。

そんな女性競艇選手のなかには、とてもボートを操って男性選手と争うとは思えないような可愛らしいルックスの選手もたくさんいて、トークショーなどのイベントには多くの男性ファンが詰めかけます。

今回紹介する森田太陽選手も、見た目にはとても競艇のボートに乗って戦うとは思えないような愛らしい笑顔が印象的な選手のひとりです。


回収率が高い競艇予想サイト
ゴールデンボートバナー

8月18日にプラチナゴールドプランで「蒲郡3R→蒲郡3R」のコロガシ成功で投資額20,000円→2,353,680円の払い戻し!

ライン登録で無料予想が毎日見れます!
今なら1万円分のポイントもらえる!無料登録して損なし!!

ライン登録して無料予想をみる

森田太陽選手のプロフィール

森田太陽選手のプロフィール

(出典: BOATRACEオフィシャルサイト)
森田太陽選手のプロフィールは以下のようになっています。

名前 森田太陽
登録番号 4849
所属支部 滋賀支部
生年月日 1994年8月30日
身長 159センチ
体重 43キロ
級別 B2級

森田選手は現在滋賀支部に所属しています。
もともと福岡県の出身でデビュー後は福岡支部所属だったのですが、後述する理由で滋賀支部に移籍しました。

級別は2022年前期時点ではB2級と一番下のクラスになってしまっています。
しかしこれは出走数が足りないことによる陥落です。

まだ28歳と、競艇選手で言えば若手の部類ですし、少しずつですが着実に勝率もアップさせてきています。
まだまだ伸びしろがある選手のひとりといえるでしょう。

競艇選手を目指すようになったきっかけ

競艇選手を目指すようになったきっかけ

森田選手は福岡県で生まれ育ちました。
福岡県には芦屋・若松・福岡と同じ県に3つも競艇場があります。

さらに夏競馬のメインレース場となる小倉競馬場、そして競輪では小倉競輪場、久留米競輪場、オートレースでは飯塚オートレース場と、4つの公営競技が開催されるレース場がすべて揃っている県となっていて、ほかの県よりも公営競技が身近な存在となっています。

森田選手が競艇選手を目指すようになったのも、福岡県が出身だったからかもしれません。
実は守田選手のお父さんの知り合いの一人、待鳥雄紀さんは福岡支部の競艇選手でした。

森田選手はある時たまたま待島選手と話す機会があり、話を聞いているうちに競艇という競技や競艇選手という職業に興味を持ち始めます。

そして待島選手と話す機会があったことをお母さんに話したところ、なんと森田選手のお母さんはかつて競艇選手を目指して養成学校を受験したことがあったのです。

しかし森田選手のお母さんは残念ながら最終選考に合格することができず、競艇選手となる夢をあきらめることとなります。
この話を聞いた森田選手はより一層競艇選手になりたいと思うようになります。

森田選手は結局その夢を諦めることなく「やまと養成学校」の試験を受けて見事合格、お母さんが果たせなかった競艇選手になるという夢を実現させることとなりました。

森田選手の過去の戦績とレースにおける特徴

森田選手の過去の戦績とレースにおける特徴

森田選手は2014年11月、地元福岡競艇場でデビューします。
しかしデビューして間もない新人選手はどの艇に乗っていても事故などを防ぐために必ず6コースから進入しなければならないため、かなり不利な条件で戦わなければなりません。

森田選手のデビュー戦は5着と、とても満足のいく結果ではありませんでした。
その後もなかなか思うようなレースができず、1着でゴールすることができないまま月日だけが流れていきます。

この記事にインタビューに答えた際には、「度胸がなく、ためらってしまう。レースではもっと強気に攻めないと1着にはなれないんだろうと思う」と自分のレース運びを反省する一面が見られます。

競艇はコンマ1秒を争う世界です。
森田選手の平均スタートタイムはコンマ2秒前後であるため、一流選手と比べればかなり遅いほうであり、このスタートタイムをもっと早くしなければなかなか上位には入っていけないでしょう。

それでも森田選手は決してくじけるようなことはなく、真面目にレースに出続けました。
その努力が報われたのはデビューからちょうど1年半経った2016年5月、地元福岡県にある若松競艇場でのレースでした。

この時森田選手はコンマ05秒という素晴らしいスタートを決め、4コースから豪快なまくりでインの艇を抜き去ってゴールしました。
優勝を決めたとき、森田選手は嬉しさと安心とでゴールしてからずっと泣きっぱなしだったそうです。

地元開催のレースということでプレッシャーは凄かったでしょうし、なかなか勝ち切れない日々が続いて悔しさや苦しさもずっと感じていたことでしょう。
この初勝利はそのうっぷんを吹き飛ばすような勝ちっぷりでした。

しかし2022年時点でまだ優勝歴はありません。
今後はまずレースで初優勝することが当面の目標となるでしょう。

2021年は長期休養が響きB2級へと陥落

2021年は長期休養が響きB2級へと陥落

森田選手は左足の筋肉部分の怪我によって2020年12月大晦日のレースから2021年6月まで長期休養を余儀なくされました。
そのため、2022年はB1級からB2級へと陥落した状態となっています。

半年レースに出れない日々が続くと、やはりブランクがあったり勝負勘が鈍ってしまったりするので、少しでもたくさんレースに出てレースの冠を取り戻したいと思っていることでしょう。

森田選手の推定年収は?

森田選手の推定年収は?

競艇選手の年収は平均約1,500万円ほどと言われています。
しかしながら、これだけ平均年収が高いのは、A1級選手の平均年収が3,000万円と飛び抜けて高いためで、級別が落ちるごとに平均年収も下がっていきます。

森田選手の推定年収はどれくらいなのでしょうか。
森田選手の年収に関して金額が判明しているのは、2018年の560万3,000円です。

この時はB1級でしたが、B1級の平均年収はおよそ1,000万円といわれていて、それと比べると森田選手の年収は半分ほどしかありません。
これは2018年後期にあまりレースに出走していなかったことが響いていると思われます。

とはいえ、同じ年代の一般女性会社員と比べればずっと多くの金を稼いでいることとなるでしょう。
森田選手はレース以外にもトークショーをはじめとしたイベントに呼ばれる機会も多く、出演料もプラスすれば年収はもっと多いはずです。

2019年19歳差の「Wもりた婚」で話題に⁉

2019年19歳差の「Wもりた婚」で話題に⁉

森田選手といえば、やはり2019年の「Wもりた婚」に触れないわけにはいかないでしょう。
森田太陽選手は、同じ競艇選手である守田俊介選手と2019年に結婚しました。

19歳という年の差ですが、守田選手のTwitterなどを見る限りではすっかり奥さんである森田選手が主導権を握っているようです。
森田選手が福岡支部から滋賀支部に移籍したのは、守田選手と結婚したためです。

旦那さんは超一流レーサー

守田俊介
(出典: BOATRACEオフィシャルサイト)

森田選手の旦那さんである守田俊介選手は、競艇ファンならば知らない人はいないと言っても過言ではないほどの超一流レーサーです。

級別はもちろんA1級であり、A1級選手のなかでもトップクラスの活躍を見せている、滋賀支部のエース的存在となっています。

守田選手はレースの腕前もトップクラスですが、インタビューなどで度々観客を笑わせてくれるユーモアセンスあふれる性格で、ファンからはもちろん選手からも愛されている存在です。

優勝賞金を全額寄付したことがニュースに

守田俊介選手のことを語るうえで絶対に外すことができないのが、SGレースの優勝賞金を全額東日本大震災の復興のために全額寄付したというエピソードです。

守田選手は震災発生直後滋賀の実家にいたのですが、その映像に衝撃を受け、何かしなければと衝動的にボランティアのために被災地を訪れます。

しかし現状を目の当たりにして自分が出来ることは何もないと感じた森田選手は、逃げ帰るように被災地を後にしたのでした。

その経験から「いつかSGレースに優勝したら優勝賞金を全額寄付しよう」と決め、見事2015年のボートレースダービーで優勝、約束通り優勝賞金3,500万円を全額寄付します。

このことはニュースでも取り上げられ、競艇ファンのみならず一般の人からも大きな反響がありました。

無類の回転寿司好きとして知られている

守田選手といえば「寿司」と誰もが答えるほど大の回転寿司好きとして有名で、休みの日は毎日でも通いたいくらいと話していますが、奥さんである森田選手が嫌がるので、その気持ちを必死にこらえているとのことです。

しかしレースが近い日は減量をしなければならないので、そういった時はネタは食べずにひたすら「ガリ」を食べているため、ファンからは「ガリ田さん」というニックネームをつけられてしまいました。

二人が結婚に至るまでの経緯について

二人が結婚に至るまでの経緯について

守田俊介選手は再婚であり、1回目に離婚した時に二度と結婚はしないと思っていたらしいです。
二人が出会ったのは、森田選手のデビュー戦でした。

その時の森田選手の印象を守田俊介選手は、「中学生にしか見えなかった」と語っています。
この時は恐らく全く恋愛対象には見ていなかったのでしょう。

ところが、多摩川競艇場で二度目の遭遇をしたとき、何が違ったのかは分かりませんが、守田俊介選手はその時の森田選手を見て惚れ込んでしまい、猛アタックをします。
そして5年の交際を経て再婚することになりました。

旦那さんの良きアドバイスを受けこれからの成長に期待

旦那さんの良きアドバイスを受けこれからの成長に期待

森田選手は休みが多いのが気になるところですが、レースに出たときの上位に食い込む確率は着実に上昇し続けています。
これは恐らく旦那さんである守田俊介選手がいろいろとアドバイスをしているからでしょう。

また、滋賀支部には女性レーサーでトップクラスの活躍をしているひとりである、遠藤エミ選手も在籍しています。

実績ある同支部選手や、現役トップレーサーである旦那さんの良きアドバイスを受け、実践していくことができれば、森田選手の成績はこれからますます上昇していくでしょう。
まずはB2級からの昇格、そしてさらに上のA級クラスを目指していってほしいものです。


回収率が高い競艇予想サイト
ゴールデンボートバナー

8月18日にプラチナゴールドプランで「蒲郡3R→蒲郡3R」のコロガシ成功で投資額20,000円→2,353,680円の払い戻し!

ライン登録で無料予想が毎日見れます!
今なら1万円分のポイントもらえる!無料登録して損なし!!

ライン登録して無料予想をみる

まとめ

森田太陽選手はデビュー時は福岡支部、現在は夫である守田俊介選手が所属する滋賀支部に籍を置いています。

森田選手のお父さんの知り合いに競艇選手がおり、その人の話を聞いたことで競艇というスポーツや競艇選手に強い関心を持つようになります。

そのことをお母さんに話したところ、なんとお母さんはかつて競艇選手を目指した時期があったことを知ります。

お母さんは残念ながら競艇選手にはなれませんでしたが、その夢を自分が叶えようと競艇養成学校の試験を受けて合格、競艇選手としてデビューすることが出来ました。

しかしデビュー後なかなか勝つことができずに苦しみ、初勝利はデビューからちょうど1年半経過してからでした。
しかしその後は少しずつではありますが、勝率をアップさせており、これからの成長に期待です。

森田選手といえば、守田俊介選手との「19歳差Wもりた婚」が話題となりました。
守田俊介選手は競艇に興味がある人で知らない人はいないといっても過言ではないほどのトップ選手であり、かつてSGレースの優勝賞金を全額寄付したことが大きなニュースになったことでも有名です。

トップレーサーである旦那さんや、滋賀支部の選手たちのアドバイスを受けた森田選手のこれからの活躍に期待しましょう。