競艇の3連複で稼ぐには?当たる確率と予想のポイントについて解説!

競艇の3連複で稼ぐには?当たる確率と予想のポイントについて解説!

競艇には「単勝」をはじめ、さまざまな舟券の買い方があります。
その中でも「3連複」という買い方は、3連単ほど予想するのが難しいわけではなく、それでいて上手くいけばしっかりと勝てる買い方です。
本項目では、3連複とはどういう買い方かと、3連複で勝つためにはどのような買い方をすればよいかについて解説していきます。

3連複とは

競艇における「3連複」とは、1着から3着に入る艇を予想する舟券の買い方です。
同じように1着から3着までを予想する舟券に「3連単」がありますが、3連単の場合は1着から3着までを着順通り予想しなければ的中になりません。

いっぽう3連複の場合は、1着から3着に入りそうな3艇さえ当たっていれば、着順は関係なく的中となります。
したがって3連単よりも的中させやすい買い方といえるでしょう。
しかし、適当に買っても当たるというものではなく、3連複でも予想の精度はしっかり磨く事ができます。

3連複の的中確率は?

競艇における、3連複の的中確率は「5%」となっています。
まず競艇は6艇でおこなわれるレースなので、1から6までの着順の組み合わせは全部で120通りとなります。
3連複の場合、着順は当てなくてもよいので120通りの組み合わせを6通りずつひとまとめにすることができます。

したがって、120の6分の1通りという計算になり、全部で20通りとなるので、的中確率が5%になるというわけです。
ちなみに3連単の的中確率は0.3%ととても低く、よほど突出した選手が出場していない限り、かなり正確に予想しなければ的中させることが難しいです。

それと比較すると、5%という的中率は、かなり高いといえるでしょう。

3連複の平均配当と最高配当

3連複の平均配当は、およそ「1,200円」となっています。
的中率5%で平均配当が1,000円を超えている3連複は、的中率と配当金のバランスがとても良い舟券といえるでしょう。

しかし、平均配当では大荒れした時の配当金も含まれています。
大荒れすると、配当金が一気に跳ね上がることになるので、実際に予想して購入する際の配当は、高くても600円程度になる場合が多いです。

3連複でこれまででもっとも高かった配当金は、2010年4月9日に津競艇場で開催されたレースで出た「11万1,220円」で、これは20番人気の組み合わせだったこと以外にもさまざまな要素が合わさった金額です。
3連複では万舟券が出ること自体が滅多にないので、ここまで配当金がつく3連複は、もしかすると今後2度と出ないかもしれません。

3連複で稼ぐための買い方について

3連複で稼ぐための買い方について

3連複は的中させやすい反面、大勝ちはできないので、1度の負けでそれまでの利益がなくなってしまうことも多々あります。
勝ち続けるためには、稼ぐための買い方を知り、しっかりと実践しなければいけません。
本項目では勝ち続けるためには、どのように舟券を買えばよいかについて解説していきます。

買い目点数を5点までに絞る

3連複でしっかり稼ぐために大切なことは、極力買い目を絞っていくということです。
もちろん1点買いが1番いいのは言うまでもありませんが、そこまで確実に予想することは難しいでしょう。

だいたい4倍から6倍のオッズがつくことを考えれば、5点買いくらいまでに抑えておくことで利益を十分出すことができます。

1点当たりの賭け金は5,000円までにする

ふたつ目のポイントは、「1点の購入金額を5,000円以内にする」ということです。
確実に当たると確信できる舟券なら、沢山お金投資したほうが配当金額も高くなるのではと考えるかもしれません。

しかし競艇のオッズは、その着順が売れていれば売れているほど人気があるとみなされてしまいます。
人気のある着順ほどオッズはどんどん下がってしまうので、あるラインを超えてしまうと、お金を沢山支払えば支払うほど、自分が買った着順のオッズがどんどん下げてしまうことになってしまうのです。

あるラインというのがどれくらいの金額なのかは、そのレースごとの売り上げによって異なりますが、3連複の売り上げは、1レースあたり50万円ほどとされています。
1点あたり1万円以上購入すると、オッズに影響が出る可能性が高いので、どれだけ確実に的中させることができるレースであっても1点あたりの購入金額は5,000円以内にとどめておくようにしましょう。

3連複で予想するときのポイント

3連複で予想するときのポイント

3連複で舟券を買う際に予想するときのポイントについてですが、ほかの舟券を買うときと同様に、基本的には徹底的な情報収集が勝敗の鍵になります。
出走する選手の成績や、積んでいるモーターの性能、競艇場の特徴などをチェックしながらどのような展開になるかを考えて、買い目を絞っていくことになります。

しかし、3連複独自の予想するときのポイントがあり、それも絡めて予想することで、より的中させやすくなるでしょう。

3着に入りそうな艇を探す

3連複で勝つための独自の予想の仕方として、「3着にギリギリ入りそうな艇を探す」というのがあります。
何度も舟券を買い続けると、1着と2着になりそうな艇というのは案外簡単に見つけることができるようになります。

予想の精度を上げるため、1着と2着の艇を早々に見つけ、レース当日までに残りの4艇の中から、3着に入りそうな材料が無いかを徹底的に洗い出すようにしましょう。

出走表をチェックして、下記のような有利不利が上手く噛み合っていないような状況のレースはとても狙い目です。

出走表のチェックポイント
・6号艇にA1クラスの選手が乗っていて、モーターの性能も良い
・1号艇だが選手のクラスが低く、モーターの調子も悪い

上手く予想が的中すれば、10倍越えの配当も夢ではありません。

3連複おすすめの買い方

3連複の舟券を購入するときに、おすすめの買い方は、「ボックス買い」という買い方です。
ボックス買いとは、選んだ複数の艇の組み合わせをすべて購入する買い方を指します。

3連複は全部で20通りなので、全部の艇をボックス買いすると20点買いとなりますが、このような買い方では勝つことは出来ないので、購入する艇は絞る必要があります。
4艇をボックス買いすると、4点買いとなるので5点以内というセオリーにも当てはまり、ちょうどよい買い方です。

ただし、この買い方で1番人気から4番人気までを普通に購入してしまうと、「トリガミ」になってしまう恐れがあります。
トリガミを防止するために、1点は平均よりも少しオッズが高い買い目を選択するとよいでしょう。

トリガミとは
舟券を購入した金額のほうが払い戻し金より多くなってしまうこと。

まとめ

3連複で勝ち続けるけるための買い方のポイントとしては、「購入の時は買い目を5点までに絞る」「1点あたりの購入金額は5,000円以内にしておく」「ボックス買いをするなら4点ボックス買い」の3点を意識しながら購入するのがポイントです。

これらのポイントを抑えておくことで、的中させたのに購入金額の方が上回ってしまう、「トリガミ」を予防することができます。
3連複は的中確率と配当金のバランスが良いため、中級者におすすめの買い方であり、しっかりと的中させ続ければそれなりの利益を出せます。

ただし大きく勝つことはできないので、本気で勝つことを考えているのであれば、徐々に3連単の予想ができるように着順予想の練習もしていきましょう。