3連複って何?競艇のボックス買いと稼ぐための買い方について徹底解説!

3連複って何?競艇のボックス買いと稼ぐための買い方について徹底解説!

競艇の舟券の買い方の1つ「ボックス買い」とは?

競艇でお金をかけるためには、舟券を買う必要があります。
舟券は自分が買いたいレースに出場する選手の着順を予想して購入する事になるわけですが、舟券の買い方には様々な方法があり、それぞれ特徴やメリットがあります。

今回解説する「ボックス買い」も舟券の買い方のひとつです。
ちなみにボックス買いは競艇に限定した購入方法というわけではなく、競馬や競輪など着順を予想するギャンブル全てに共通する購入方法となっています。

ボックス買いについて説明すると、複数の艇を選ぶだけで全ての組み合わせを選択できる買い方となっています。 

例えば1号艇から3号艇までを選んで3連単で購入すると全部で6通りになります。
ひとつひとつ購入すると手間がかかりますが、ボックス買いを選ぶと1号艇から3号艇を選ぶだけで自動的に全ての組み合わせを購入する事ができます。
舟券はインターネットでも購入することができるので、着順予想をギリギリまでしているという人もいるのではないでしょうか。

しかし、なにを購入しようか悩んでいる間に、締め切りになってしまう場合もあります。
そういった時にボックス買いは、気になる着順の舟券を一度に購入できるので便利です。

おすすめ予想サイト
競艇予想サイトブルーオーシャン
元記者の予想情報が無料で見れる!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!

ボックス買いの買い目は全部で何通り?

ボックス買いをすると、選んだ艇の数で全ての組み合わせを購入することになるため、買い目の数が自然と決まってきます。

買い目の数をあらかじめ理解しておくことで、実際に購入した際にいくら必要になるかが瞬時に分かるのでとても便利です。

ここでは「3連単」「2連単」「3連複」「2連複」の点数計算方法を、順番に見ていくことにしましょう。
まず「3連単」の必要点数方法を具体的な例を持ち出してみると、選んだ艇が3つだった場合は「3✖️(3-1)✖️(3-2)=6」という計算になり、買い目は6点です。

もし1点500円の掛け金だったとすると500円の6倍、3000円が実際に支払うお金という事になります。
競艇は基本的に6艇でレースが実施されるので、全部の組み合わせを選んだ場合、上記の計算に当てはめると120通りという答えが導き出されます。

次に「2連単」の必要点数の計算方法を、同様に例を用いて考えてみると、4艇を選んだ場合「4✖️(4-1)=12」、買い目点数は全部で12点となります。
ちなみに2連単で全ての艇を選択すると30通りです。

残りの「3連複」と「2連複」ですが、3連複は3連単の点数を6で割ると算出でき、2連複は2連単の点数を半分にする事で算出できます。

「4艇ボックス」とは?

ボックス買いのテクニックの1つに「4艇ボックス」というものがあります。
4艇ボックスとは、その名称の通りレースに出走する全ての艇のうち4艇を選んでボックス買いをするという手法です。

繰り返しになりますが、競艇は全部で6艇で競走するものなので、1着だけを当てるか、1着と2着を当てるか、1着から3着までの着順を当てればよいということになります。

4艇ボックスは、当たりそうな艇を当てるというよりは来なさそうな艇を2艇選んで切り、残った艇を購入するという考え方なので、予想はとても立てやすいです。
4艇ボックスを採用することを検討した方がよいレースとしては、レース予想が難しい時が当てはまります。
レース展開が荒れそうな時、同じ実力の選手が多数集まっていて選手同士の力が拮抗している時など、予想が難しいレースというのは沢山あります。

そして予想が難しいレースというのは人気も割れてどの着順でも高配当になるため、ある程度お金を投資しても利益を出す事が可能です。
この点も4艇ボックスを採用する価値がある理由のひとつといえるでしょう。

ボックス買いはどういったときに活用するとよいのか?

ボックス買いをどういった時に活用するかについてですが、これはボックス買いのデメリットを考えてみると自ずと出てきます。
ボックス買いのデメリットは必ず均等買いになってしまうという点です。
舟券を複数買う際に、本命の着順には沢山お金を投資し、高配当となる大穴には小額のお金を投資するという買い方をする人も多いでしょう。

しかしボックス買いをすると、お金をかける艇を選んだ時点で自動的に舟券を全て購入する手続きに入ってしまうので、舟券ごとに購入金額を設定出来ません。
したがって、ボックス買いを活用した方がよいレースというのは、4艇ボックスの項目で説明した時と同様に人気が割れて着順が予想しづらい、言い方を変えればどの艇が着順に絡んでも高配当になるレースに限定するのが鉄則です。

おすすめ予想サイト
競艇予想サイトブルーオーシャン
元記者の予想情報が無料で見れる!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!

競艇に慣れてきたら3連複にチャレンジ!

競艇をスタートさせたばかりの時は1着のみを当てる「単勝」の舟券か、「2連単」「2連複」など1位と2位を当てる舟券を購入する人が多いでしょう。
しかし、ある程度慣れてきたら「3連複」にチャレンジする事を推奨します。

3連複とは順番はバラバラでよいので1着から3着に来そうな艇を選ぶ買い方で、正式名称は「3連勝複式」といいます。
1位から3位までに入る艇を予想しなければいけないので、単勝や2連単、2連複よりも予想難易度は高いですが、その分当たった時の配当も高いです。

単勝や2連単、2連複の舟券は当てやすいですが、その分払戻金も少ないです。
そのため、これらの買い方で少ない利益を得ていても、たった1度のレースでこれまで得ていた利益が全部無くなってしまうこともあります。
本気で競艇をやるのであれば、的中率と払戻金のバランスが良い3連複にはチャレンジするべきです。
3連複は、ある程度競艇の予想に慣れた中級者にうってつけの購入方法といえるでしょう。

3連複で稼ぐためには

では、競艇の3連複で稼ぐためにはどういった点に気をつければよいかを確認していきましょう。
稼ぐ為に押さえておきたいポイントのひとつめは「買い目の点数を多くても5点までに絞る」ということです。

3連複の払戻金は堅いレースだと200円から500円、荒れたレースでも2000円程度の配当にしかならないことがほとんどです。
そのためあまりに買い目点数を増やしすぎると、せっかく当たっても購入金額のほうが上回ってしまい、利益が出なくなってしまいます。
しかし買い目点数を5点までに絞ることで、購入金額を抑える事ができ、お金の回収率を高めることができます。
ふたつ目のポイントは「1点当たりの投資額は5000円以内にする」ということです。
配当倍率というのは舟券の購入率をもとに定められているので、沢山のお金が投入された舟券というのは自然と配当倍率は低くなります。
つまり1点にあまりに沢山お金をかけてしまうと、自分が買った舟券の配当倍率が下がっていくことになってしまうのです。
3連複のオッズの売り上げは平均300万円といわれており、1点当たり1万円以上を投資するとオッズに影響が出てしまう事を考慮すると、1点当たりの投資額は5000円以内にしておくのがベストになります。

3連複のおすすめの買い方

実際に3連複の舟券を購入する時のやオススメの買い方は、「1艇ー2艇ー4艇フォーメーション」です。
1艇ー2艇ー4艇フォーメーションとはどのような買い方かを具体的に説明すると、まず絶対に3位以内に入りそうな1艇を選びます。
次にそれ以外で着順に絡みそうな残り2艇を選び、最後にそれ以外で3着以内に入りそうだと考えられる2艇を選択します。

例えば1号艇は3位以内は確実で、2、3号艇も3着以内が濃厚、4、5号艇も3着以内に入る可能性がある場合は、3連複は「1=23=2345」というフォーメーションになり、実際の買い目点数は3連複の5点買いとなります。
この買い方では2着や3着は穴が狙えそうな艇を選択すると、本命と大穴を同時に狙う事が出来るのでオススメです。

3連複の当たる確率と平均の配当

3連複の当たる確率についてですが、まず1着から3着までの組み合わせは全部で120通りあります。
このうち3連複で買う場合着順は考えなくてもよいので、120通りを6で割ることとなり、3連複の着順は全部で20通りになります。

つまり3連複では20通りの中からひとつの当たりを選択することになるので、当たる確率は5%です。
5%と聞くと低い確率のように見えますが、例えば年末ジャンボ宝くじで3000円が当たる確率ですら1%といわれているので、競艇の3連複はそれと比較すれば期待値はとても高いギャンブルだといえるでしょう。

3連複をボックス買いするなら4艇ボックス買いがおすすめ

3連複をボックス買いするのであれば、「4艇ボックス買い」がオススメです。
4艇ボックス買いにすると、買い目点数が4点になるので、先ほどのコツで説明した買い目点数は5点以内にするという条件をクリアしつつ、複数の組み合わせを購入できます。
これが5艇だと10点になるので、5艇以内という条件をクリア出来ないので5艇のボックス買いはやめておいた方がよいでしょう。

ただし4艇ボックス買いでも堅い艇ばかり選ぶと、払戻金よりも購入金額が上回る、「トリガミ」になってしまう可能性があるので、1艇は穴になりそうな艇を選ぶのが4艇ボックス買いにおいても重要なポイントとなります。

おすすめ予想サイト
競艇予想サイトブルーオーシャン
元記者の予想情報が無料で見れる!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!

今の競艇はボックス買いがおすすめ!

最後になりますが、実は今の競艇はボックス買いをオススメできる環境となっています。
その最大の理由として、現在の競艇が1番人気を非常に絞り辛くなってきているということが挙げられます。
競艇では各艇のモーター性能も順位を大きく左右しますが、以前は専門的な業者に依頼して作らせた専用のプロペラを使う事が許されていて、その性能はレース結果に多大な影響を与えていました。

しかし現在はモーターとセットになっているプロペラを使う事が義務付けられ、更にモーターも「出力低減型」と呼ばれているモーターが主流となっています。
この変化によって選手間の差が縮まる事となり、その結果1位を絞る事が大変難しくなったのです。

ボックス買いを活用する方がよいレースは、1位を絞る事が難しいレースです。
つまりレースのルールが大きく変化し、選手同士の実力が拮抗して誰が1着になるかの予測が立てづらい現在のレース環境は、ボックス買いを採用するレースとなる確率が以前と比較すると大幅に増えてきているというわけです。
古くからの競艇ファンの中には、ボックス買いを邪道だと毛嫌いする人もいますが、競艇はギャンブルであり、お金を増やす事が最大の目的なので勝たなければ意味がありません。

ギャンブルに限らず、投資で利益を出し続けるためには時代の流れに取り残されず、その時その時のトレンドをつかむことが重要です。
今の競艇はボックス買いで舟券を買う事がある意味トレンドとなりつつあるので、積極的に活用しましょう。

まとめ

以上競艇のボックス買いについて解説しました。
ボックス買いは、舟券購入の締め切りが迫っている時でも複数の舟券を一気に購入できるのがメリットですが、掛け金が全て同じになるといったデメリットもあります。

また、あまりに沢山の組み合わせを買いすぎると、トリガミになる恐れもあるので、出場選手やレース展開を予想しつつ、ある程度買い目を絞るのがコツになります。
現在の競艇はルール変更により1着を絞りにくくなっており、ボックス買いには適した環境なので、積極的に活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です