競艇の券種別の確率や的中率を高める方法を徹底解説!

競艇の券種別の確率や的中率を高める方法を徹底解説!

競艇は着順を予想して舟券を購入し、予想した着順通りのレース結果となっていればオッズに応じた払戻金を受け取ることができる「ギャンブル」です。

舟券には単勝から3連単までさまざまな種類があり、それぞれ当たる確率というものが異なります。
本記事では競艇の券種ごとの的中率と、的中率を高めるための買い方について解説します。

競艇サミット公式LINE登録はこちら

的中率が高い競艇予想サイト
競艇NOVA

5月はNOVAで200万越えの利益達成!
的中率&回収率ともにトップクラス!無料登録して損なし!!

→5月の収支報告を詳しく見る

払戻額合計 ¥3,148,320
プラン情報料 ¥730,000
舟券代 ¥360,000
純利益 ¥2,058,320

競艇NOVAの公式ページはこちら

競艇は公営競技のなかでももっとも当てやすい

競艇は公営競技のなかでももっとも当てやすい

日本における公営競技には、競艇のほかに競馬、競輪、オートレースがあります。
このなかでも一般的に競艇はもっとも当てやすい公営競技だと言われています。

競艇が当てやすいとされている理由は大きく分けるとふたつあります。
まずは競艇がなぜ当てやすいといわれているのかを知ることからはじめましょう。

1レースあたりの出走数がもっとも少ない

競艇は4つの公営競技のなかでも1レースあたりの出走数がもっとも少ないです。
1レース当たりの最大出場数はオートレースは8台、競輪は9車、競馬にいたっては18頭となっています。

しかし競艇は1レースあたり最大6艇です。
もっとも多い競馬と比べると最大出走数が3分の1となっています。
最大出走数が3分の1ということは、単純計算で競艇は競馬の3倍当てやすいということになります。

1コースがほかの艇よりも圧倒的に有利

競艇が当てやすいといわれている理由は出走数の少なさだけではありません。
競艇はレースの性質上、1コースの艇がほかのコースの艇よりも圧倒的に有利という、明確な枠による優劣差があります。

ほかの公営競技でも枠による優劣があるにはありますが、競艇ほど顕著ではありません。
さらにこの1コースが圧倒的に有利だというのは、確率は多少は異なるものの、全競艇場において共通の特徴です。

したがって、基本的に競艇の予想というのは、1コースの艇を軸にして2着3着に誰が来るかを決めるといった流れになります。

ほかの公営競技ではまず「軸」にする 番号を決めなければいけませんが、競艇ではあらかじめ「軸」が決まっているようなものなので、当てやすいのです。

券種別の的中確率

券種別の的中確率

競艇の舟券は全部で7種類あり、それぞれ当たるための条件が異なっています。
当たる条件が異なるということは券種ごとに当たる確率も違ってくるということになります。
競艇の舟券はそれぞれどれくらいの確率で当たるのかを確認していきましょう。

単勝

単勝は1着になりそうな艇だけを予想するとても分かりやすい舟券です。
全6艇のうち1艇を当てるので的中確率は6分の1、確率は約16.7パーセントになります。

確率的にも当てやすく、初心者にもおすすめできる舟券ですが、オッズは全体的に低い場合が多いので、稼ぐ目的で買う舟券ではありません。

複勝

複勝は単勝と同じく1艇だけを選ぶ舟券ですが、1着だけではなくその艇が2着だったとしても的中となります。

単勝以上に当てやすいので、競艇初心者でとにかく当てたときの喜びを知りたいという人にはもっともおすすめできる買い方です。

的中率は単勝の倍で3分の1、パーセンテージで表すとおよそ33.3パーセントになります。
いっぽうオッズに関してはほとんど期待できません。

A1級の艇が1号艇で、この艇を複勝で買った場合はオッズが1.0倍となることも多く、当たっても舟券代がそのまま戻ってくるだけです。

2連複

2連複は1着と2着になる艇を順番関係なく予想する舟券です。
順番は問わないとはいえ、1着と2着になる艇を当てるというのは勘だけではなかなか難しいので、ある程度レース展開を予想したり、選手のデータなどをチェックする必要があるでしょう。

的中率は15分の1、パーセンテージで表すと約6.7パーセントになります。
2連複はレースが荒れればそれなりにオッズも期待できるので、予想が難しいレースの舟券をあえて買うのであれば、2連複も選択肢のひとつとなるでしょう。

2連単

2連単は1着と2着になる艇を順番通り当てなければ的中とはなりません。
順番通りに当てるかそうでないかの違いだけですが、それでも2連複を当てるのとは比べ物にならないほど難しく、しっかりとレース展開を予想できていなければなかなか当たらないでしょう。

的中率は30分の1、パーセンテージで表すと2連複の半分で約3.3パーセントになります。
堅いレースでもそれなりの配当が期待できるので、稼ぐための舟券としても活用できます。

拡連複

拡連複は選んだ2艇が1着から3着のなかに入れば的中で、順番は問いません。
単勝や複勝ほどではありませんが当てやすく、競艇の醍醐味も楽しめる、初心者にもっともおすすめできる舟券です。

的中率は5分の1、パーセンテージで表すと20パーセントになります。
的中しやすい分、残念ながらオッズには期待できません。
あくまでも競艇を楽しむための舟券と考えておきましょう。

3連複

3連複は順番を問わず、1着から3着に入りそうな艇を当てる舟券です。
順番を問わないとはいえ、3着までを当てるということもあって、難易度は飛躍的に高まります。

相当しっかりとレース展開が予想できていなければ3連複を連続で的中させることはできないでしょう。
的中率は2連単よりも少し高く20分の1となっており、パーセンテージで表すと5パーセントです。

当てづらい分オッズもそれなりに期待できる買い方となっており、稼ぎ目的でも十分活用できる舟券となっています。

3連単

3連単は1着から3着までを順番通りに当てなければ的中とはなりません。
3つの艇を順番通りに当てないといけないということを考えるだけでも相当難しいことは想像に難くないでしょう。

しかしその分的中した時の配当金はほかの舟券とは比べ物にならないほど高く、よほど変な買い方をしない限りはプラス収支にすることができます。

競艇の舟券で本気で稼ごうと考えているのであればおすすめの買い方は3連単1択です。
実際競艇を長年楽しんでいる人はほとんど3連単を買っており、舟券の売り上げのほとんどは3連単が占めています。

そのため、ほかの舟券でひとつの買い目に大きなお金を投資すると、それだけでオッズを変動させてしまう恐れがあり、大きなお金を投資できません。
しかし3連単ならある程度大きなお金を投資してもオッズに影響はしないでしょう。

競艇の舟券で資産を増やすのであれば3連単が唯一の選択肢となっているのは上記のような理由があるからです。

しかし、当たる確率は120分の1、パーセンテージで表すとわずか約0.8パーセントと、かなり厳しい数字になっています。

ほかの公営競技の3連単と比較すると?

ほかの公営競技の3連単と比較すると?

各券種毎の的中率を紹介しましたが、やはり一番難しい3連単は的中率0.8パーセントと低く、簡単に的中させられないということが数字からも理解できたのではないでしょうか。
しかし、それでもほかの公営競技に比べれば競艇の3連単はダントツで当てやすいです。

ほかの公営競技の3連単の的中率を見てみると、オートレースは約0.3パーセント、競輪が約0.2パーセント、そして最大頭数である18頭立ての場合、競馬はなんと0.02パーセントという的中率になってしまいます。

それと比較すると競艇は約0.8パーセントですから、オートレースの4倍、競馬の約40倍も当てやすいという事に理論上ではなっています。

当たる確率を高めるためにはどうすればよい?

当たる確率を高めるためにはどうすればよい?

3連単の的中率が0.8パーセントというのは全ての買い目から計算した理論上の確率です。
しかし実際はこのような確率になるわけではありません。

3連単は基本的に複数枚の舟券を購入するので、それだけで的中率はアップしますし、そのほかにも的中率を高めるための手段はいくつかあります。
本項目では舟券の的中率を高めるためにはどうすればよいかを紹介します。

1コースの選手が圧倒的に強いレースを選ぶ

競艇のボートはモーターの推進力で前に進みます。
モーターはガソリンが無くならない限りずっとフルパワーで動いているので、その性質上、競艇のレースではだいたい最初のターンを回った時点の順位で決着がつきます。

最初のターンにもっとも最短距離で到達できるのは、コースの一番内側を走る1号艇です。
したがって、競艇には「1号艇の選手が圧倒的に有利である」とされており、ほかの公営競技では競艇ほど枠順の有利不利はありません。

1コースの選手がA1級の選手になっているレースの舟券だけを買うようにすれば、おのずと的中率は普段よりも高くなります。
この方法は初心者でもできる的中率を高める手段なので、是非実践してみてください。

1コースの1着率が高い競艇場のレースを買う

1コースの1着率は競艇場によっても大きく異なります。

「艇国データバンク」というサイトでは毎年のコース別の1着率をデータ化してくれていますが、それによると、2021年度もっとも1コースの1着率が高いのは「大村競艇場」で約63パーセント、逆にもっとも低いのは「平和島競艇場」で、1コース1着率は約43パーセントと、実に約20パーセントもの差があります。

20パーセントも違うというのはとても大きく、1コースの選手が強いレースを買うにしても、大村競艇場と平和島競艇場では的中率が大きく変わってくるでしょう。
1コースの1着率が高い競艇場を選ぶようにしたほうが、的中率は高くなることは間違いありません。

モーニングレースに注目

競艇場のなかには「モーニングレース」を開催しているところもあります。
モーニングレースとは、通常よりも早い時間帯に第1レースをスタートさせることを指しており、舟券の売り上げをアップさせる目的で実施しています。

そのため、「1コースにA1級の選手を配置する」というように、競艇の経験があまり無い人でも予想がしやすいような番組構成となっているものが多いです。

的中率をアップさせたいのであれば、モーニングレースを活用しない手はありません。
わざわざ早起きしなくても、事前にモーニングレースの舟券を購入することは可能なので、積極的にモーニングレースの出走表はチェックしておきましょう。

競艇予想サイトの活用

ネット上には競艇関連のサイトがたくさんありますが、その中には舟券の予想を専門に行っている「競艇予想サイト」があります。

競艇予想サイトでは、一般の人では持てないような人脈を駆使して極秘情報を入手し、それを元にした買い目を公開しています。

メインコンテンツはユーザーが情報料を支払わなければ見る事ができない「有料情報」ですが、多くの予想サイトが「無料情報」も同時に公開しています。
これらを上手く活用する事も的中率をアップさせる手段のひとつです。

競艇サミット公式LINE登録はこちら

的中率が高い競艇予想サイト
競艇NOVA

5月はNOVAで200万越えの利益達成!
的中率&回収率ともにトップクラス!無料登録して損なし!!

→5月の収支報告を詳しく見る

払戻額合計 ¥3,148,320
プラン情報料 ¥730,000
舟券代 ¥360,000
純利益 ¥2,058,320

競艇NOVAの公式ページはこちら

まとめ

競艇の舟券は券種ごとに的中率が異なっていて、もっとも売り上げが大きい3連単は的中率がわずか0.8パーセントとなっています。

とはいえ、競馬や競輪と比べるとかなり的中率は高いです。
さらに競艇には1コースが圧倒的に有利という性質があり、その事を理解したうえでレースを厳選すれば的中率はもっと高くなっていく事でしょう。

また、各競艇場で1コースの1着率は大きく異なっており、もっとも1着率が高い競艇場ともっとも低い競艇場との差は実に約20パーセントもあります。

1コース1着率の高い競艇場のレースを中心に舟券を買うというのも、的中率を高めるためにはとても有効な手段のひとつといえるでしょう。