おすすめの競艇新聞は?見方と予想への活かし方を解説!

おすすめの競艇新聞は?見方と予想への活かし方を解説!.jpg

競艇の舟券を的中させるためにはさまざまな情報をたくさん集めることがとても重要となります。
私たち一般の人が競艇の情報を収集する手段のひとつに「競艇新聞」がありますが、現在ではインターネットからでもいろいろな情報を入手することができます。

本記事では、競艇新聞に記載されている内容や見る際の注意点、そして購入場所について解説していきます。

本日のおすすめ予想サイト
競艇サラリーマン

5月5日に取締役プランで「浜名湖7R→桐生2R」のコロガシ成功で1,459,920円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇サラリーマンの公式ページはこちら

競艇新聞に記載されている内容

競艇新聞には各競艇場でその日に実施されるレースにどの選手が出場するのかや、どのコースで走行するのか、そして各選手の勝率といった情報が記載されています。
しかし、これらのデータは出走表を見ればわかることなので、競艇新聞においてはそこまで重要視する必要はありません。

競艇新聞に記載されている内容で重要視すべきは、「各新聞にしか書かれていないオリジナルの情報」です。
新聞にしか書かれていないオリジナルの情報は主に、「選手の得意な決まり手」「選手の事故店や自己を起こす確率」「選手やモーターの直近3戦の成績」といったデータから導き出されているものと、「各選手の評価」「積んでいるエンジンの評価」「予想印」「おすすめの買い目」といった、執筆した記者が独自の判断で記載しているものとに分けられます。

記載されている内容は新聞ごとに異なるので、自分がより知りたい情報を多く掲載している新聞を選ぶことが良い競艇新聞と出会うための秘訣といえるでしょう。

競艇新聞は大きく2種類に分けられる

競艇新聞に記載されている内容

競艇新聞とひとくちにいってもたくさんの種類の新聞があり、購入したことがない人はどれを選べば良いか分からないという人も多いのではないでしょうか。
競艇新聞は大きく分けると「スポーツ新聞」と「専門誌」のふたつに分けられ、それぞれ異なる特徴を持っています。

スポーツ新聞

スポーツ新聞はコンビニや駅の売店などで見かけたり、実際に購入したことがあるという人もなかにはいるのではないでしょうか。
スポーツ新聞はさまざまなスポーツの情報を網羅しているのが特徴です。

したがって競艇についての情報は全体の中でもそれほど多いものではありません。
しかし、基本的な情報はすべて記載されているので、はじめて競艇用に新聞を購入するという人はスポーツ新聞で充分でしょう。

スポーツ新聞は競艇だけではなく、競輪や競馬などほかの公営競技の情報も掲載されているので、幅広く情報を得たいという人や、自分が舟券を買ったレースが始まるまでの暇つぶしにピッタリです。

ただし注意点として、競艇に割ける紙面に限りがあるのでその日すべてのレースを網羅しているわけではありません。
購入前には情報を知りたいレースを取り扱っているか確認してから購入しましょう。

おすすめの競艇新聞

おすすめは、日刊スポーツ新聞です。
日刊スポーツ新聞は、WebページでPDF新聞が無料で見れるので購入しなくても下記より見ることが可能です!

参考 日刊スポーツPDF新聞

専門誌

競艇の専門誌は本格的に競艇の情報を知りたいと考えている人でなければなかなか手に取る機会はないでしょう。
専門誌は競艇の情報のみを掲載しているので、その日の全レースの情報が網羅されているのはもちろんのこと、内容もスポーツ新聞とは比べものにならないほど詳しいです。
とにかく競艇の情報をたくさん知りたいという人は購入する価値はあるでしょう。

ただし、専門誌は価格がスポーツ新聞と比べるとかなり割高になります。
そのお金を新聞に使わずに舟券につぎ込んだほうがいいのではと考える人もなかには出てくるかもしれません。

競艇新聞で特にチェックしておきたい項目について

競艇新聞で特にチェックしておきたい項目について
競艇新聞には出走表などには書かれていないオリジナルの情報がたくさん書かれていますが、そのなかでも特にチェックしておきたい項目について紹介していきます。
競艇用に新聞を購入するのであれば、少なくともここに紹介している情報はすべて網羅しているものを選びたいところです。

得意な決まり手

選手の得意な決まり手をチェックすることで、競艇でもっとも重要とされる第1ターンマークでの攻防を予想することができます。
たとえば2号艇の選手の得意な決まり手が「捲り」の場合、成功すると1号艇は進路を阻まれ3着以内に入らない可能性があります。

いっぽう「差し」が得意であれば、差しが決まっても1号艇の進路に問題はないのでそのまま着順に絡んでくる可能性が高いです。
このようにレース展開を予想することで買い目を絞っていくことができます。

得点率と順位

得点率や順位は難しく考える必要はなく、この点数が高ければ高いほど、その選手はその年に活躍しているということが分かります。
インコースにこれらの点数が高い選手がいる場合は、堅いレースになる可能性が高いです。

エンジンの性能に関する評価

エンジンの性能に関しては、「出足」「行き足」「伸び足」「まわり足」を確認することができます。
このエンジンの性能と、選手が得意とする決まり手が噛み合っていると、よりその選手はいい活躍が期待できます。

たとえば3号艇の選手の得意な決まり手が「まくり」で、積んでいるエンジンのまわり足が良ければターンがスムーズに曲がれることとなり、鮮やかなまくりを決めやすいということが分かります。

参考 競艇ではエンジンがレースの行方を左右する!馬力や排気量などのスペックを紹介

予想印

予想印は、競馬をやったことがあるならば馴染みが深い印なのではないでしょうか。
予想印は「◎」「〇」「▲」「△」「×」といった印であらわされ、左から順に「本命」「対抗」「3番目に1着になる可能性が高い」「2,3着になる可能性が高い」「2.3着を取る可能性があるので要チェック」といった意味合いになります。

ただし、この予想印は生地を書いた記者や予想をした人たち個人の見解なので参考程度にとどめておきましょう。

買い目

買い目はズバリこれまでのデータをもとに導き出されたおすすめの買い目が書かれています。
ただしこのおすすめの買い目もあくまでも個人的な見解なので、参考程度にしておくのが無難です。

競艇新聞は購入したほうがいいのか?

競艇新聞は購入したほうがいいのか?
ほかでは知ることができない情報が網羅されている競艇新聞ですが、購入したほうがいいかどうかと問われれば、買っても買わなくてもどちらでもいいという結論になります。
競艇新聞は予想印やおすすめの買い目があるなど、舟券を買うために有益な情報が得られるいっぽう、出走表やネットでの情報をチェックするだけでも予想はできます。

さらに競艇新聞はお金がかかるので、それを買うくらいならばそのお金を舟券を購入するのに充てたほうが的中率や回収率をアップさせられるかもしれません。
これらの点を踏まえて、自分の予想スタイルや軍資金と相談して買うか買わないかを判断すればいいでしょう。
しかし、買わなければ良し悪しの判断ができないので、一度は買ってみることをおすすめします。

稼ぎたいなら競艇予想サイトがおすすめ

競艇のレース予想を参考にする手段としては、新聞を購入する以外に「競艇予想サイトを利用する」という手段もあります。
競艇予想サイトは多くのサイトで無料予想と有料情報を公開しており、無料予想は基本的に本命が場にくる鉄板レースを中心に公開しています。
無料予想の的中額は新聞の予想による的中額とそれほど変わらないでしょう。

しかし有料予想は「3連単のコロガシ」となっていることが多く、競艇新聞の予想とは比べものにならないほど大きな額を稼げます。
明確に線引きするのは難しいですが、10万円以上稼ぎたいのであれば、競艇予想サイトの有料情報を利用したほうがよいでしょう。

本日のおすすめ予想サイト
競艇サラリーマン

5月5日に取締役プランで「浜名湖7R→桐生2R」のコロガシ成功で1,459,920円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競艇サラリーマンの公式ページはこちら

競艇新聞はどこで購入できるか

競艇新聞をどこで購入するかですが、スポーツ新聞であればコンビニや駅の売店などで簡単に購入できます。
いっぽう専門誌ですが、専門誌も実はコピー機を使って紙面をプリントアウトできますし、各競艇場や場外販売所へ行けば購入することができるでしょう。

またわざわざ店舗に行かなくても「e-SHINBUN」というサイトでは、競艇新聞をネットで購入することができます。
ただしPDF形式なので、当然ながら赤ペンなどで印を書き込むことはできません。

競艇新聞を見る際に注意しておきたいこと

競艇新聞を見る際に注意しておきたいこと

競艇新聞を参考にする際には注意しておかなければいけない点がいくつかあります。
注意点を把握しつつ利用しなければ、役立つどころか新聞代が無駄に感じてしまうかもしれません。
本項目では競艇新聞を利用する際に注意しておいてほしい点について解説していきます。

モーターのデータは前日までのものとなっている

競艇新聞にはモーターのデータがとても詳しく書かれていますが、このデータはあくまでも前日までのものに過ぎません。
競艇のモーターは選手が自由に調整をかけることができ、選手は各競艇場の底時のコンディションなどによってモーターを細かく調整します。

したがって時には前日までと全く違う性能のモーターとなることもあるのです。
モーターの情報はあくまでも参考程度にとどめておき、しっかりと展示航走やスタートタイムなどをチェックして予想しましょう。

予想印は必ずつけなければいけない

予想印は必ず付けなければいけません。
したがって新聞記者は鉄板とされるレースであっても、展開が読みづらく予想が難しいレースであっても必ず付けることになっているので、レースごとに予想印の信頼度は全然違います。
予想印はそのまま鵜呑みにするのではなく、自分でも予想をしてみてどうしてその印になったのかを考えることが重要になります。

買い目に乗っかっても勝てるわけではない

競艇新聞は人気誌になると、かなりのファンが購入し、参考にしています。
その為、おすすめの買い目に出ているものはおのずと人気が集まって特に本命としているオッズはかなり低くなることが予想される。

競艇新聞の内容はあくまでも参考にして、自分でもしっかりと予想をして納得のいく買い目を購入することが重要です。

まとめ

競艇新聞には選手やモーターについて出走表では分からないデータが書かれていたり、記者独自の評価が書かれていたりするなど、予想をする際に参考になる情報がたくさん書かれています。

ただし、出走表やネットのデータをチェックするだけでも予想は十分できますし、競艇新聞はお金がかかるので、それらを踏まえながら必用かどうかを判断しましょう。
また記載されている内容はあくまでも記者独自の見解で書かれているので、あくまでも参考程度にとどめておき、自分でもしっかりと予想を立ててみることが重要です。