前橋競輪場で勝つ為の予想マニュアル!特徴と傾向を徹底分析!

小倉競輪場で勝つ為の予想マニュアル!特徴と傾向を徹底分析!

前橋競輪場は全国に43か所ある競輪場のなかで群馬県唯一の競輪場です。
群馬県といえば関東に属していますが、関東のなかでも特にギャンブル好きの多い地域とされており、ギャンブル王国といわれています。

そんなギャンブル王国のなかで唯一無二の競輪場である前橋競輪場を訪れた際には、ぜひあなたには勝っていただきたいと思います。
そこで当記事では、前橋競輪場で勝つためにバンクデータや予想の仕方について解説していきます。

おすすめ予想サイト
競輪予想サイトJKI

7月23日に緑輪プランで「立川9R→函館10R」のコロガシ成功で629,000円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪JKIの公式ページはこちら

前橋競輪場の特徴

前橋競輪場は、もともとは屋外の500バンクとして開設されました。
500バンクといえば、競輪のなかでも長いバンクといえますのでインパクトは絶大です。

しかし、現在は全天候型の競輪場として335バンクとして生まれ変わっています。
そのため、別名はヤマダ・グリーンドーム前橋といいます。

全天候とはいわば、どのような天候でもレースが開催できる競輪場で、東京ドームを想像していただけばわかりやすいといえます。
つまり、開設するのにそれだけ総工費をかけているということですから前橋競輪場はさすがギャンブル王国の競輪場といわざるを得ません。
全天候型の競輪場ということは当然ながら風や気候の影響は受けませんので、ここではコースの特徴を紹介させていただきます。

前橋競輪場のコースの特徴

前橋競輪場のコースの特徴

前橋競輪場のコースの周長は335メートルであり、いわゆる33バンクです。
ただし、通常の33バンクは333メートルですので2メートルほど長いという特徴があります。

この2メートルが選手にとって大きいのかは選手でないとわかりませんがコンマでタイムを競う世界ですので多少の調整は必要かと思います。
また、直線距離が46.7メートルですので33バンクにしては長めの直線といえます。

カントに関してもきつく、最大で36°の傾斜があります。
選手でなければ想像がつかないかもしれませんが、わかりやすくいえば目の前がすべて壁になるといっても過言ではありません。

つまり、選手にとっては決して走りやすいコースとはいえないでしょう。

カントとは
カントとは競輪場におけるバンク(コース)において急勾配に見える傾斜(角度)を指します。
カントでは一般的に直線では2度から4度、コーナーでは25度から35度とされています。
落車事故を防ぎ、全力で走るには必要なものですがレース展開に大きく影響が出やすいため、必ずチェックしておきたいところです。

前橋競輪場のバンクデータ

前橋競輪場のバンクデータは以下のとおりです。

周長 335メートル
直線 46.7メートル
センター部路面傾斜 36°0′0″
直線部路面傾斜 4°0′0″
ホーム幅員 9.9メートル
バック幅員 9.9メートル
センター幅員 9.9メートル

見なし直線が長く、33バンクにして400バンクに近い作りです。
スピードの乗りやすいバンクですので、先行型ラインが上位を独占する傾向にあります。

よって前橋競輪場では、徹底して先行型の選手を買い目に含めると的中率があがります。
また、カントのきつさが先行選手にも大きな影響を及ぼしています。

ようはカーブから直線に入る際に下ることになり、先行選手がそのまま逃げ切るというレース展開が予想されるのです。

おすすめ予想サイト
競輪予想サイトJKI

7月23日に緑輪プランで「立川9R→函館10R」のコロガシ成功で629,000円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪JKIの公式ページはこちら

前橋競輪場での予想法を徹底解説

前橋競輪場での予想法を徹底解説

レースを予想し、高額配当を得るためには根拠のある予想建てをする必要があります。
とはいえ、どの競輪場でも通用するセオリーもあれば、競輪場ごとに異なるレース展開や決まり手などが存在するため、過去レースなどからデータを収集し、展開を推測しなければなりません。

当項目では、前橋競輪場で起きやすい決まり手や過去レースの結果などを交えて予想精度をあげていきます。

前橋競輪場で勝ちやすい決まり手

前橋競輪場で高額配当を得るためには、1着や2着の選手がどのような決まり手を用いて勝利しているかを把握しておく必要があります。
前橋競輪場の決まり手に関するデータは以下のとおりです。

前橋競輪場の決まり手一覧

1着 2着
逃げ 24% 23%
捲り 27% 14%
差し 49% 24%
マーク 40%

データから読み取ると「逃げ」の決まり手が多く見受けれます。
一般的にみても33バンクは「逃げ」の決まり手が多くなるので当然といえば当然といえます。

しかし、前橋競輪場はそのほかの33バンクと比較しても逃げが勝つ確率が高いため、逃げが断然有利とみてもよいでしょう。
直線が長いという特徴も考えると捲りや差しが決まりやすい場合が多いのですが、前橋競輪場に関しては捲りと差しの決まり手は少ないということがデータにあらわれています。

よって前橋競輪場では逃げを軸として考えた方がよさそうです。

前橋競輪場の予想ポイント

前橋競輪場で勝つためのポイントをまとめると以下のとおりです。

予想ポイント
・展開次第で動きが少なければ逃げが残る
・展開を読むのが難しい
・S級戦では捲りが決まりやすい

逃げが有利であることはいうまでもありません。
ただし、前橋競輪場はルーレットバンクともよばれ、展開を読むのが難しいレース場であると競輪ファンのなかでは認識されています。

とはいえ、展開を読むのが予想ですので諦めることはせず、可能な限り読み筋を建てることが大切です。
また、S級戦では捲りが決まりやすいということも意識しておかねばなりません。

335メートルという短いなかでは後方に置かれてしまうと勝負になりませんので、選手は中段から上位を常にキープしようと動きます。
当然、先行争いで勝負が決まりますので、捲りが決まりやすくなります。

上位戦になればなるほど細切れ戦が多くなっていく傾向になりますので、逃げは確かに有利ですがS級戦に関しては捲りの選手も意識して買い目にいれましょう。

前橋競輪場の過去レースチェック

前橋競輪場の過去レースチェック

過去レースのデータを総合すると現在のバンクに改修された後からは、逃げや捲り、差しの割合が大体30パーセント程度になっています。
つまりは、特にこれが有利だとは言い切れないと過去データが物語っています。

競輪の1着の決まり手はたとえ逃げ有利の33バンクであったとしても差しの決まり手が多くなることが普通です。
それなのにも関わらず均衡しているということは、そのほかの競輪場と比べれば逃げの優位度は高いといえます。

前述では3つの決まり手が均衡しているので特別これが有利だとはいえないといったのになぜだろうと感じた方もいるかもしれません。
確かに均衡しているのでパーセンテージでいえばこれだという決め手はありません。

しかし、前橋競輪場は逃げを得意とする選手にとってはどの競輪場よりも有利だと言わざるを得ないのです。
また、過去データでは2着の決まり手にマークが多いです。

マークとは番手選手が前を抜ききれなかったときにつく決まり手です。
マークの決まり手は40パーセントもありますので、これは自力選手を抜ききれない番手選手が40パーセントもいるということを指します。

つまり、前橋競輪場は自力選手が圧倒的に有利だと過去レースからは読み取れます。

おすすめ予想サイト
競輪予想サイトJKI

7月23日に緑輪プランで「立川9R→函館10R」のコロガシ成功で629,000円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪JKIの公式ページはこちら

前橋競輪のアクセス

前橋競輪場へ電車や鉄道を通してお越しの方は上毛電気鉄道上毛線に乗り、中央前橋駅で下車し、徒歩22分程度。
また前橋駅で下車する場合は徒歩26分となります。

路線バスの場合は沼田駅前から群大病院行きのバスに乗車し、前橋公園バス停で降りるとすぐです。
前橋駅方面からアクセスする場合は渋川駅行きのバスに乗り、広瀬橋か三中前で下車するとよいでしょう。

自動車の場合は前橋ICもしくは高崎ICで降りていただければ、そんなに時間はかかりません。
また、競輪開催時には無料のシャトルバスが駅から出ている場合がありますので、積極的に利用しましょう。

住所 群馬県前橋市岩神町1-2-1
電話番号 027-231-4508
アクセス JR前橋駅より徒歩30分 / 上毛電鉄中央前橋駅より徒歩20分。
JR前橋駅より路線バス10分(前橋公園で下車)
ホームページ https://www.maebashi-keirin.jp

まとめ

当記事ではギャンブル王国唯一の競輪場である前橋競輪場で勝つために必要なことを紹介させていただきました。
前橋競輪場は逃げが決まりやすいバンクで、全天候型。

気候の影響をまったく受けませんので、逃げ型の実力選手には特に注目しておくとよいでしょう。
必勝法としては、逃げるラインを見極めラインの自力選手の評価をあげて予想するということが必須になります。
誰が逃げるのかを常に考えながら予想するようにしましょう。