競輪の賞金から手取りを計算してみた!トップ選手の年収はサラリーマンの20倍

競輪の賞金から手取りを計算してみた!トップ選手の年収はサラリーマンの20倍

競輪選手が一年間でもらう賞金総額は、トップ選手で1憶円を超えます。
例えば、年間1憶円の賞金を稼いだ選手の手取り額は、およそ4,970万円前後になります。

また、競輪トップ選手の平均年収とサラリーマンの年収を比べると、競輪トップ選手の年収は、サラリーマンの20倍の金額です。

本記事では、競輪選手の手取りや年収についてくわしく解説しています。
S級~A級の階級に所属する競輪選手がどのくらい稼げるのか、チェックしてみてください。

おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

9月21日にブラッククラスで「川崎7R→川崎10R」のコロガシ成功で投資金10,000円→2,111,200円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪アンビシャスの公式ページはこちら

競輪の賞金から手取りを計算してみた!

競輪の賞金から手取りを計算してみた!

平均賞金額(円) 平均手取り金額(円)
SS 9,904万 4,926万
S1 1,861万 1,204万
S2 1,095万 765万
A1 804万 574万
A2 668万 488万
A3 600万 445万

(2020年度)

参考 手取り計算サイト

競輪選手は、個人事業主になります。
年間を通じて稼いだ賞金から、所得税や住民税、国民年金や国民健康保険などを差し引いた金額が、競輪選手の手取りとなります。

S級S班の平均年収9,904万(2020年)は、おおよそ手取りで4,900万円になります。
仮に、競輪選手で手取り1千万以上を目指す場合の目標は、S級1班まで上り詰める必要が出てきます。
競輪選手の賞金には、下記のような手当も入っています。

出場手当 29,000円
日当 5,000円
モーニング手当 1,000円
ナイター手当 3,000円
ミッドナイト手当 11,000円
雨天手当 3,000円

この表のように競輪選手は、順位によって変動する賞金以外に、出場手当や日当、モーニング手当やナイター手当、ミッドナイト手当や雨天手当などがあります。

これらの合計した金額が競輪選手の受け取る賞金となっています。
競輪選手の年間賞金額は、所属する階級により大きく変わっています。
競輪選手で大きく稼ぐためには、より上位の級に所属して安定的に成績を残さなければなりません。

競輪の年間獲得賞金額のTOP20

競輪の年間獲得賞金額のTOP20

順位 選手名 年齢 賞金(円)
1 和田健太郎 87 39 163,064,800
2 松浦悠士 98 30 156,002,500
3 脇本雄太 94 31 121,004,800
4 郡司浩平 99 30 95,792,000
5 平原康多 87 38 89,413,900
6 清水裕友 105 26 81,794,000
7 佐藤慎太郎 78 44 69,757,000
8 守澤太志 96 35 58,166,900
9 新田祐大 90 34 56,336,000
10 諸橋愛 79 43 48,878,000
11 古性優作 100 29 48,290,000
12 山田英明 89 37 47,927,000
13 浅井康太 90 36 45,751,600
14 稲川翔 90 35 43,356,400
15 中本匠栄 97 33 41,828,200
16 原田研太朗 98 30 37,349,700
17 岩本俊介 94 36 36,437,100
18 東口喜朋 85 41 36,322,500
19 吉田拓矢 107 25 33,776,200
20 園田匠 87 39 33,001,800

2020年度は、年間獲得賞金額が1憶を超えた選手が3名います。
年間の賞金王になるためには、12月30日の競輪グランプリで優勝して1億円を勝ち取った選手が年間1位に成りやすいです。

2020年の年間獲得賞金は和田健太郎選手ですが、競輪グランプリを制しています。

競輪選手が1回の開催で稼げる金額

競輪選手が1回の開催で稼げる金額

競輪選手が1回の開催でどれくらい稼げるのかを計算しています。

計算例(3通り)
①:新人選手がチャレンジで完全優勝したとき
②:A1の選手がオール7着だったとき
③:SS選手がG3で完全優勝したとき

これら、3つのケースについて合計賞金額がどれくらいになるか検証してみました。

競輪の手取りケース①:新人選手が完全優勝したとき

新人選手が完全優勝したときは、およそ492,000円(ミッドナイト)の賞金総額になります。

レース賞金

順位 1日目(円) 準決勝(円) 最終日(円)
1着 73,000 86,000 158,000
2着 53,000 65,000 120,000
3着 45,000 55,000 103,000
4着 41,000 51,000 95,000
5着 40,000 47,000 87,000
6着 37,000 45,000 82,000
7着 36,000 44,000 78,000

手当てとプラスα

名称 手当額(円)
出場手当×3日 87,000円
日当手当×3日 15,000円
ミッドナイト×3日 33,000円
A級の3連続1位 40,000円
合計 175,000円

新人の完全優勝は全てのレースで1着を取ります。
レース賞金の総額は、3日間の1開催317,000円獲得できます。

レース賞金と合わせて、3日連続1位の40,000円と出場手当29,000×3日、日当5,000円×3日、ミッドナイト手当が11,000円×3日となり、新人選手がミッドナイトの3日間の完全優勝で稼ぐ金額は、およそ492,000円です。

競輪の手取りケース②:A1の選手がオール7着だったとき

A1選手がオール7着だったときは、およそ246,000円の賞金総額になります。

1日目 2日目 3日目
1着 94,000 90,000 90,000
2着 72,000 69,000 69,000
3着 62,000 58,000 58,000
4着 54,000 52,000 52,000
5着 52,000 50,000 50,000
6着 51,000 48,000 48,000
7着 50,000 47,000 47,000
名称 手当額(円)
出場手当×3日 87,000円
日当手当×3日 15,000円
合計 102,000円

A1選手で3日間の順位が、7着になった場合を計算します。
レース賞金合計は、144,000円です。

出場手当29,000×3日、日当5,000円×3日となっているので、合計で24,6000円稼げることになります。
もし、1か月に出るレースすべてが7着で終わってしまったケースを想定してみました。

月に2開催に参加してすべて7着:246,000×2開催=492,000円
月に3開催に参加してすべて7着:246,000×3開催=73,8000円

このように、ずっと最下位だったとして、A1選手ならおよそ50万円~74万円は最低稼げることになります。

競輪の手取りケース③:SS選手がG3で完全優勝したとき

SS選手がG3で完全優勝したときは、およそ4,783,000円の賞金総額になります。

初日特選 2次予選 準決勝 優勝戦
1着 284,000 225,000 295,000 3,810,000
2着 235,000 189,000 245,000 2,480,000
3着 196,000 158,000 204,000 1,651,000
4着 181,000 141,000 186,000 1,097,000
5着 170,000 130,000 176,000 1,001,000
6着 161,000 121,000 168,000 905,000
7着 153,000 113,000 160,000 819,000
8着 146,000 109,000 153,000 744,000
9着 142,000 105,000 146,000 683,000
名称 手当額(円)
出場手当×3日 87,000円
日当手当×3日 15,000円
S級の4連続1位 67,000円
合計 169,000円

SS選手のG3完全優勝は、全てのレースでオール1着です。
レースの賞金総額は、4,614,000円の賞金が獲得できます。

賞金と合わせて、4日連続1位の67,000円と出場手当29,000×3日、日当5,000円×3日となり、SS選手がG3の4日間の完全優勝で稼ぐ金額は、およそ4,783,000円です。

競輪トップ選手の平均年収はサラリーマンの20倍

競輪トップ選手の平均年収はサラリーマンの20倍

級班 人数(人) 平均年収(円)
SS 9 9,904万
S1 209 1,861万
S2 463 1,095万
A1 511 804万
A2 534 668万
A3 473 600万

2020年度

競輪トップ選手 サラリーマン
平均年収 9,904万 532万
手取り 4,904万 413万
参考 令和2年分民間給与実態統計調査結果について

競輪トップ選手の平均年収は9,904万円に対して、サラリーマンの平均年収は532万(2020年)です。
サラリーマンの年収のおよそ20倍が競輪トップ選手の年収になります。

競輪トップ選手とサラリーマンを手取り額で比べた場合は、引かれる税金の割合が大きく変わってくるため、手取り額はおよそ12倍の差に縮まります。

G1に出場するだけで競輪選手は年収がアップする

G1に出場するだけで競輪選手は年収がアップする

GⅠの名称 金額
日本選手権競輪 230,000円
オールスター競輪 220,000円
全日本選抜競輪 200,000円
寛仁親王牌 200,000円

上記のG1に選出された競輪選手は、出場するだけで賞金がもらえます。
これは、G1に参加した名誉賞として、選出された全選手(予備選手及び先頭誘導選手を含む)に支給されます。

おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

9月21日にブラッククラスで「川崎7R→川崎10R」のコロガシ成功で投資金10,000円→2,111,200円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪アンビシャスの公式ページはこちら

まとめ

S級S班の平均年収9,904万(2020年)で、手取り額は約4,900万円になります。
この9,904万円という金額は、サラリーマンの平均年収532万円と比べると、およそ20倍多い金額です。

競輪選手がより大きな賞金を獲得するためには、S班S班まで上り詰めることがとても大切になってきます。
S級1班まで上がれば、手取りで1千万が稼げる競輪選手になっています!