競輪で的中率をあげるにはどうしたら良い?稼げる予想のコツを紹介

競輪で的中率をあげるにはどうしたら良い?稼げる予想のコツを紹介

競輪で稼ぐためには的中率をあげなければならないというのが必然です。
しかし、確率からすれば最低ラインのワイドでさえ12分の1、9車立てのレースでの3連単を一点買いした際にはその確率は0.5パーセント以下にもなってしまいます。

つまり、競輪で的中させることは確率論でみればかなり難しく多くの競輪ファンは負けてしまっているというのも事実です。
そこで当記事では勝つために的中率をあげる方法と稼げる予想のコツを紹介させていただきます。

おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

12月1日にブラッククラスで「松戸6R→松戸8R」のコロガシ成功で4,471,740円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪アンビシャスの公式ページはこちら

競輪で的中率があがらない理由

競輪で的中率があがらない理由

競輪の予想で的中率があがらない理由というのは実にさまざまです。
的中しないというのは単純に運が悪いというだけではなく、的中させるための戦略とはかけ離れた取り組み方をしてしまっている可能性が非常に高いといえます。

当項目では、競輪で的中率があがらない具体的な例を列挙していきます。

競輪に対する知識が薄い

ひとつ目の理由としてあげられるのが競輪に対する知識が薄いという点です。
これは全ての公営ギャンブルに共通していえるのですが、知識もなくやみくもにレースに投資をして稼げると思っているのであれば、それは大きな勘違いです。

もちろんその場限りの運任せで偶然、高額配当が的中し勝つという可能性は否定できません。
ただし、長い目でみれば競輪予想の精度をあげていくためには、競輪予想に必要な最低限の知識を蓄えるための勉強が必要です。

知識を高めることでレースが開始される前に発表されている情報などを読み解き、レース展開を大方予想できるようになるので、知識がないよりは的中率はあがるといえるでしょう。

高配当で一攫千金ばかり狙いすぎている

ふたつ目の理由として考えられるのは、高配当で一攫千金ばかりを狙いすぎている点です。
的中すれば払い戻し金を得られる競輪にとって高配当と呼ばれる「万車券」を獲ることは競輪ファンにとっては非常にロマンのあることだといえます。

しかしながら、だからといって万車券というものは的中率の面からすれば他の買い目よりも遥かに低く、狙いすぎてばかりいれば的中率そのものが悪くなってしまいます。

もちろんレースによっては狙ってよい場面もありますが、基本的には高配当ばかりを狙おうとせず、しっかりと根拠をもった予想をすることが的中率をあげる近道です。

的中率が低い賭け方や買い目を選んでいる

3つ目の理由として考えられるのは、的中率が低い賭け方や買い目を選んでいる点です。
競輪には実に7つの賭け式があり、それぞれ的中難易度が異なります。

賭け式に応じて的中難易度が異なるのはもちろんのこと、その賭け式のなかでもどの選手を買い目にしているかというのでもさらに的中難易度が異なるともいえます。

的中率が低いということは確率的に分の悪い賭け方ばかりをしている可能性がありますので、負けが込んでいるときは自身の賭け方に良くない点がないか改めて確認をする必要があるといえるでしょう。

競輪のデータ分析が甘い

4つ目の理由として考えられるのは競輪のデータ分析が甘いという点です。
レース展開を予想する際には選手の戦績や相性、競輪場のクセなどさまざまな事前情報がデータとして表されているため、網羅して的確な予想立てをしなければなりません。

膨大な量のデータがあるので、これらすべてを網羅して予想するというのは競輪予想の経験を長い間積まなければ難しいかもしれません。

それでもある程度、情報を網羅し分析できているのであれば的中率が100パーセントになることがないにしても大きく負け続けるということはないはずです。

もし、現時点で負けが込んでいるのだとすれば競輪データの分析が甘い可能性がありますので改めてチェックしましょう。

冷静な判断ができていない

5つ目の理由として考えられるのは冷静な判断ができていないという点です。
すべての公営ギャンブルに共通しますが、冷静な判断ができなければ長い間勝ち続けることは難しいと断言します。

ギャンブルは確かにお金を賭けて行うものですので、負けが込んでいれば冷静な判断ができなくなってしまうというのは、人間の心理的には致し方ないことだといえるかもしれません。

しかし、そもそもギャンブルの胴元というのは熱くなりすぎて冷静さを失っているファンから大きくお金を巻き上げることで成り立っているというのもまた事実です。

つまり、たとえ負けていても冷静な判断さえできていれば立て続けに負けループに入り抜け出せないということはまずないといえます。

冷静な判断さえできていれば、負け続けることもありませんし、的中率そのものもあがってくるので負けているときには落ち着いて考えてみるというのも大切です。

おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

12月1日にブラッククラスで「松戸6R→松戸8R」のコロガシ成功で4,471,740円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪アンビシャスの公式ページはこちら

競輪の的中率をあげる方法

競輪の的中率をあげる方法

競輪における的中率があがらない大方の理由を理解した上で、的中率を具体的にあげていくためにはさまざまな知識や戦略が必要となります。

当項目では、競輪予想において的中率をあげていくために初心者でも確実に的中率アップにつながっていく内容を列挙して紹介させていただきます。

数値化されたデータから選手の勝敗を読み解く

ひとつ目の方法は数値化されたデータから選手の勝敗を読み解くです。
競輪予想にあたってレース開始前にはレースに関する多くの情報を事前に得ることができるというのは周知の事実です。

パッと見て初心者がすぐに確認できるデータとして、競走得点というものがあります。

競走得点とは
競走得点は、競輪選手の直近4か月間の調子を表した数値です。
この間にグレードの高いレースに出走していたり、着順が上位であれば獲得できる得点も大きくなります。

つまり競走得点の数値が大きければ大きいほど、調子のよい強い選手といえるのです。

慣れてきたら確認して欲しいのが「勝率」「2連対率」「3連対率」です。
この数値も競走得点同様に直近4か月間の選手の成績をパーセンテージの数値で表したものです。

この数値を確認することで出走する選手が上位に食い込むことができるのかを判断する大きな材料となります。

ラインを理解して的中率をグンとあげよう

ふたつ目の方法はラインを理解して的中率をグンとあげるです。
競輪は他の公営競技と異なり「ライン」と呼ばれるものが存在します。

競艇や競馬にはこのような概念は存在していないため、競輪でも同様に予想すればよいという認識の初心者がわりと多いといえます。
しかし、ラインを理解していなければ競輪の予想はできないといっても過言ではありません。

ラインとは
ラインは、簡単にいってしまえばチームのこと。
競輪が他の公営競技と異なるのは単純に個人戦というわけではなく、レースの中盤まではラインというチーム戦でレースが展開されるという点にほかなりません。

つまり、どの選手がどのようなラインを形成するかというのは競輪のレース展開を予想する上では無視できないポイントとなるのです。

ラインは大方3選手で形成されることが多く、ラインのなかでの役割もきちんと決まっています。
ラインを正しく理解することで予想の精度はこれまでよりグンとあがるので、競輪予想に取り組む前にはしっかりと勉強しておきましょう。

ちなみにラインは「同じ県」「同じ地区」で組まれることがほとんどですので、以下に示しておきます。

ライン名 所属する都道府県
北日本ライン 北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島
関東ライン 東京・埼玉・群馬・栃木・茨城・山梨・長野・新潟
南関東ライン 神奈川・千葉・静岡
中部ライン 愛知・岐阜・三重・富山・石川
近畿ライン 京都・大阪・兵庫・奈良・滋賀・和歌・福井
中国ライン 広島・山口・岡山・島根・鳥取
四国ライン 愛媛・香川・徳島・高知
九州ライン 福岡・熊本・長崎・佐賀・大分・鹿児島・宮崎・沖縄

ちなみに地域別のラインにフォーカスしてみると静岡が南関東に属しているなど、一般的な認識とは異なる場合もあるので上記の地域別ライン表はよく確認しておくようにしましょう。

ラインの組み方や役割を覚えておくことで競輪の予想精度はグンとアップするといえるでしょう。

的中率をあげるための賭け方

3つ目の方法は「的中率をあげるための賭け方を理解する」です。
的中率をあげるためにはどうしたよいか想像すると人気の選手を軸に買えばいいと安直に思いつくという方がほとんどです。

確かに的中率をあげたいのであれば、人気が集中している選手を軸に購入するというのはあながち間違いではありません。
ただし、的中率をあげるだけでは勝てないため、競輪予想をする際は回収率も意識して車券を購入しなければなりません。

初心者にお勧めの賭け方
初心者にもっともおすすめする賭け方としては「ワイド」があげられます。
ワイドは全ての選手を購入したとしても36通りしかありませんので、予想難易度がほかの賭け方よりも低く、的中率をあげやすい傾向にあるのです。

ワイドはその分、オッズも低くなりがちなので回収率という面ではどうしても劣りがちになるのは仕方のないことですが、買い目点数を2点以内に絞り購入金額を少額にすれば長い目でみて勝てない賭け方ではありません。

また、競輪には3連複や3連単といったメインの賭け方もありますが、これらに関しても買い目点数を多くすれば的中率はあがりますがトリガミになってしまう可能性がその分高まりますので、ある程度は絞って賭ける必要があります。

的中率をあげたいのであれば1着を決め打ちできるほどの信頼できるレース時のみ賭けるようにすると的中率はグンとあがるといえるでしょう。

競輪場の特徴と選手の得意な決まり手を知る

4つ目の方法は競輪場の特徴と選手の得意な決まり手を知ることです。
全国には43か所の競輪場が存在しますが、コースの周長や地域ごとの気候、カントの性質などあげればキリがないほど異なる点が複数存在します。

競輪場ごとの特徴を理解しておくことで予想の精度をあげることができますので、それぞれの競輪場について勉強をしておくことは競輪予想をする上ではとても大事なことといえるでしょう。

また、選手の得意な決まり手を事前にチェックしておくことも大切だといえます。

差しや先行、まくりなど競輪にはいくつかの決まり手が存在し、決まり手によっては競輪場との相性や選手間での相性があるため、レース展開を予想する上で重要なポイントとなる可能性は十分にあります。

知っているか知らないかでは天と地ほど違いますので、予想精度をあげていくために勉強しておきましょう。

他力本願も重要!予想師や予想サイトを利用する

5つ目の方法は予想師や予想サイトを活用するということです。

競輪の予想精度は経験や勉強が物を言いますので、長い目でみれば自身の予想精度はあげていけるというのはいうまでもありませんが、経験を積むにはそれなりの時間がかかりますし、勉強をするにも当然努力が必要です。

手っ取り早く予想をしたいのであれば、経験者の力を借りる他力本願に乗じることも競輪で勝つための近道だといえます。

予想師や予想サイトも100パーセント的中するわけではありませんが、これまでの経験や実績からある程度のロジックをもって予想をしているため、初心者がやみくもに予想するよりは遥かに予想精度は高いです。

注意点
ただし、なかには初心者を騙しお金を巻き上げることしか考えていない悪徳な予想師や予想サイトもありますので、見極めが大切です。
おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

12月1日にブラッククラスで「松戸6R→松戸8R」のコロガシ成功で4,471,740円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪アンビシャスの公式ページはこちら

まとめ

競輪に取り組むのであれば的中率をあげたいというのは誰もが抱く理想ですが、一筋縄でいくほど競輪予想は甘いものではありません。

まずはきちんと最低限の知識を身に着け自身の予想精度を徐々にあげていくというのがもっとも適切な筋道であるといえるでしょう。

また、予想師や予想サイトなど的中率をあげるために学べる先輩も多く存在していますので、これらもあわせてチェックしながら競輪の的中率をあげていきましょう。