防府競輪場で勝つ為の予想マニュアル!特徴と傾向を徹底分析!

小松島競輪場で勝つ為の予想マニュアル!特徴と傾向を徹底分析!

競輪のレースがおこなわれている競輪場は、全国に43カ所あります。
競輪場はどれひとつとしてまったく同じコースはありません。
競輪場が建設されている地域の気候が違いますし、コースそのものも細かいところを見ていくと、ほかの競輪場にはない特徴がたくさんあります。

その特徴を把握しておかなければ、車券を的中させ続けることは難しいでしょう。
本記事では山口県にある「防府競輪場」の特徴やコースの特徴について紹介していきます。

そして、それらの情報をもとに、車券を実際に購入する場合はどういった点に注意して予想していけばよいかを解説していきます。
実際に車券を購入するときの参考にしていただければ幸いです。

おすすめ予想サイト
JKI日本競輪投資会
人気競輪予想サイトの「JKI」が今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!

防府競輪場のコースの特徴

防府競輪場のコースの特徴

防府競輪場のコースの周長は、333メートルとなっています。
43ある競輪場のうちもっとも多い周長は400メートルなので、防府競輪場はそれと比べると距離が短い競輪場です。
競輪ファンの間では、333メートルの競輪場のことを「サンサンバンク」とよんでいます。

サンサンバンクは、基本的にスピード勝負になる場合が多く、早くから先頭に立ってそのまま1着をキープする「逃げ」の選手がほかの距離の競輪場よりも有利だといわれています。

ちなみに当競輪場のバンクは2018年に全面的に改修工事がおこなわれ、以前にはあった路面のデコボコがなくなって綺麗なバンクに生まれ変わりました。
改修工事後は以前にも増して高速戦が楽しめる高速バンクとなっていて、スリリングなレースを楽しめるようになっています。

最終コーナーからゴールまでの「見なし直線距離」は42.5メートルとなっており、全国に7つある333メートルバンクのなかで、ちょうど真ん中の長さになっています。

また、カントはサンサンバンクのなかでもきつめになっています。
カントがきついと、大外からの捲りが効果的になりますし、直線距離もある程度あるので、最終コーナーで全員を捲れなかったとしても、まだまだチャンスはあります。
したがって逃げだけではなく、捲りによる勝ちも十分狙えるので激戦が楽しめるコースといえるでしょう。

カントとは
「カント」とは道路や線路のコーナー部分に設けられている、「傾斜」のことをさします。
カントを設計することによって、カーブを曲がるときに発生する「遠心力」を抑える効果がありますが、競輪の場合はそれ以上に、スピードを落とさずにコーナーを曲がれるというメリットが生まれます。
さらにカントを利用して大外から坂道を下るようにスピードをつけてインの車群を一気に抜き去るといった戦法も可能です。

防府競輪場のバンクデータ

周長 333メートル
直線 42.5メートル
センター部路面傾斜 34°41′9″
直線部路面傾斜 4°34′26″
ホーム幅員 10.2メートル
バック幅員 9.1メートル
センター幅員 7.4メートル

防府競輪場の気候の特徴

山口県は本州の最西端に位置しており、3方を海に囲まれているという珍しい県です。
外海と内海の両方に面しているということもあって、おなじ山口県でも北側にある地域と南側にある地域では気候に大きな違いがみられるのが山口県の特徴です。

とはいえ、全体的に見れば年平均気温は12度から16度と、比較的温暖な気候になっています。
ちなみに防府競輪場がある防府市は、「中部」に位置しているため、海からの影響は比較的少ない立地です。

降水量

年間降水量も地域によって差がありますが、平均1,600ミリから2,300ミリと、全国平均と比較して多いわけでも、少ないわけでもありません。
また、雨による水害も比較的少ないといわれています。

ただし6月の梅雨時と、秋雨前線が活発になるときは、海に近いこともあって大雨になりやすいという特徴があります。
雨の日は晴天時とはまったくことなる展開になることもあるので、予想を大幅に変更するか、場合によっては車券を購入すること自体を見送るといった対策が必要になるときも出てくるでしょう。

防府競輪場のコース内に吹く風で、特に注意しなければいけないのが「西風」になったときです。
公式サイトの施設紹介の欄にも記載されているのですが、西風になった場合はコースのどこを走行しても「向かい風」になります。
向かい風になると走っている選手は風の抵抗を受けることになるので、特にスピードを出しているときは体力を大きく消耗します。

したがって、西風の日はどちらかといえばスタミナに自信がある選手のほうが有利になりやすいです。

防府競輪場での予想法を徹底解説

防府競輪場での予想法を徹底解説

防府競輪場は、下記の特徴があります。

防府競輪場の特徴
・周長333メートルのバンク
・見なし直線距離もある程度確保されている
・カントは若干きつめ
・西風が吹くと、すべての位置で向かい風になる

競輪場の特徴を把握すれば、それなりに正確な予想ができるようになるでしょう。
しかし、これだけでは車券を的中させるほどの予想はなかなか難しいです。
コースの特徴をもとにして、どういった決まり手が勝ちやすいのかなど、さらに踏み込んだ情報収集が必要になってくるでしょう。

防府競輪場で勝ちやすい決まり手

防府競輪場のレースの1着の決まり手のうち、もっとも多かったのは「差し」でした。
競輪の全レースの決まり手でもっとも多いのが「差し」となっているので、当競輪場もそれに準じた結果となっていることがわかります。

とはいえ、防府競輪場を含めたサンサンバンクでは、400メートルコースのように、圧倒的に差しが有利、というわけではありません。
大外からの「捲り」による決着も「差し」とそん色ないくらいに多いですし、もっとも少ない決まり手となっている「逃げ」も25%と、決して無視できない比率になっています。

防府競輪場では、決まり手を重視して、選手の脚質から買い目を絞るといった予想はしないほうがよいのかもしれません。

防府競輪場の決まり手一覧

1着 2着
逃げ 25.2% 16.0%
捲り 35.6% 21.3%
差し 39.3% 18.4%
マーク 0.2% 44.2%
ホームかましにも注意
各競輪選手が普段から練習で利用している競輪場のことを「ホーム」といいます。
ホームにしている競輪場は特徴を熟知しているため、ホームでのレースの場合は、その知識をフルに生かして選手たちは戦います。
そのためレース展開によってはほかの選手が勝負どころと感じていないような位置から勝負をしかけ、そのまま勝敗を決してしまうことがあります。
このように、ホームの知識量を生かして奇襲をしかけることを「ホームかまし」とよんでいます。

防府競輪場のレースのポイント

決まり手のデータを見ると、防府競輪場ではどの決まり手が得意な選手であっても十分勝機を見出せるようなコースだということがわかります。
当競輪場のレース展開を予想していくためには、決まり手以外で、この競輪場独自の特徴を見極めて予想していく必要があるでしょう。

防府競輪場は西風の特徴をとらえて予想しよう

防府競輪場でレースの予想をするときには、やはり西風の影響は無視できないものとなっています。
通常、同じ風が吹いてもコースの場所によって追い風になったり向かい風になったりするのですが、防府競輪場は西風になると、コースのどこにいても向かい風になるので、先行する選手がかなり不利になります。

競輪では、クラスが上がれば上がるほど逃げにくくなるので、西風の日にS級選手ばかりでおこなわれるレースを買うときは、逃げの選手は候補から外しておいたほうがよいかもしれません。

防府競輪場の過去レースを分析

過去レースの結果で注目しておきたいのは、同一ライン3番手選手の連対率の低さです。
競輪は個人戦ですが、終盤までは「ライン」と呼ばれている数人の一列の集団がいくつか生まれます。

そしてライン同士で位置取り争いをして、好位置につけたラインの選手たちで最終的に順位争いをする、というのが定石です。
ところが防府競輪場の場合、ライン3番手の選手が3着以内に入るのではなく、別ラインの先行選手が2番手または3番手になる確率が高いです。
予想する際には、この点に注目しておいたほうがよいでしょう。

おすすめ予想サイト
JKI日本競輪投資会
人気競輪予想サイトの「JKI」が今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!

防府競輪場の特徴

防府競輪場は、山口県防府市にある競輪場です。
競輪場が開設されたのは1949年ととても古く、「ふるさとダービー」や「共同通信社杯」といった重賞レースが開催されたこともあります。

現在では朝9時に第1レースを開催する「モーニングレース」を実施したり、女性選手のみが出場するレースである、「ガールズケイリン」を実施するなど、小さな競輪場でありながら、いろいろなレースを楽しめる競輪場となっています。

防府競輪場のアクセス

防府競輪場へのアクセスは、JR山陽本線「防府駅」から無料送迎バスが出ているので、それを利用するとよいでしょう。
同じく防府駅から無料の送迎タクシーも出ているので、そちらも併せて利用してください。

住所 山口県防府市国分寺町8‐2
電話番号 0835-22-1212
アクセス JR防府駅みなとぐち前から無料直行バスで約7分
JR徳山駅新幹線口「徳機駐車場」前から無料バス運行で約50分
JR山口駅前から無料バスで約25分
ホームページ https://www.hofukeirin.jp

まとめ

防府競輪場は、山口県防府市にある競輪場です。
周長は333メートルではありますが、直線距離は比較的確保されているので、ほかのサンサンバンクのように先行逃げ切りが有利、というわけではありません。

カントもそれなりにきついので捲り選手にも十分チャンスがあり、高速バンクということもあって激戦が繰り広げられやすい競輪場となっています。
また、同一ラインで1着から3着を独占するといった展開がほかの競輪場と比較して生まれにくいというのも、当競輪場独特の特徴といえるでしょう。