競輪ダービー(日本選手権競輪)の賞金を徹底紹介!優勝するまでの道のりを読み解く!

日本ダービー(日本選手権競輪)

競輪ダービーでもらえる賞金額や競輪ダービーはどのように勝ち上がれば決勝にたどりつけるのかを、わかりやすくまとめました。

本記事を読むことで、競輪ダービーの賞金額が2分でわかります。
競輪ダービーを理解して、レースが開催されるゴールデンウィークをぜひ競輪で楽しんでください。

おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

9月21日にブラッククラスで「川崎7R→川崎10R」のコロガシ成功で投資金10,000円→2,111,200円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪アンビシャスの公式ページはこちら

競輪のダービーとは日本選手権のこと

競輪のダービーとは日本選手権のこと

競輪のダービーとは日本選手権競輪のことです。
競輪界の実力No.1を決める最高峰の大会が日本選手権競輪になります。
優勝賞金においても、年間を通じて2番目に大きく、優勝者には内閣総理大臣杯が授与されます。

競輪ダービーの賞金を徹底紹介!

競輪ダービーの賞金を徹底紹介!

2021年京王閣競輪場(5月4日~5月9日)

優勝戦順位 賞金額 選手
1 6,206万 松浦悠士
2 3,048万 郡司浩平
3 2,085万 佐藤慎太郎
4 1,487万 浅井康太
5 1,176万 武藤龍生
6 951万 平原康多
7 792万 清水裕友
8 685万 真杉匠
9 642万 松岡健介

競輪ダービーの優勝賞金が、6,206万円(2021年度)です。
2着が3,048万円で、3着が2,085万円となっています。
このように、競輪ダービーの優勝戦は上位入着により、大きな賞金を獲得できます。

ダービー競輪は、決勝で最下位になったとしても9位の賞金が642万円あります。
年末の競輪グランプリに向けて、賞金を大きく積み上げるためには、最終日の優勝戦まで勝ち進むことは大切です。

ダービー競輪優勝の松浦悠士選手が稼いだ賞金総額

松浦悠士選手(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=g__QJ60jv3s)

開催日 番組 順位&獲得賞金
第2日目 特別選抜予選 2位:45万6,000円
第4日目 ゴールデンレーサー賞 2位:156万2,000円
第5日目 準決勝 3位:54万4,000円
第6日目 優勝戦 1位:6,206万円

2021年度のダービー競輪を制覇した松浦悠士選手の勝ち上がりと、合計でどのくらいの賞金になったかを見てみましょう!
松浦悠士選手は、開催第2日目の11R特別選抜予選で2着に入りゴールデンレーサー賞に進みました。
ゴールデンレーサー賞でも2着になり、156万をゲットしています。

さらに、準決勝も勝ち上がり、ダービー競輪を初制覇しました。
松浦悠士選手が、日当を含めた4日間で稼いだ総額は、なんと6,500万になります。

ちなみに、一次予選で最下位だった選手(1走で終わりの選手)が獲得できる賞金総額は、参加者にもらえる名誉賞金23万円と9着賞金19万3,000円、日当などで、およそ45万円です。
つまり、ダービー競輪で発走すれば、最低45万円は稼ぐことが可能と言えます。

競輪のダービーで優勝するまでの道のりを読み解く!

競輪のダービーで優勝するまでの道のりを読み解く!

開催第1日目と、開催第2日目に特別選抜予選が合計3レースと一次予選が15レース組まれます。
特別選抜予選は、1~3位までに入ればゴーデンレーサー賞に進み、無事にゴールという条件で準決勝に進出します。

一方で、一次予選は、1~3位までに入れば二次予選に進みます。
開催第3日目と開催第4日目には、二次予選が行われ、開催第4日目のさいごにゴーデンレーサー賞が行われます。

二次予選は7レース行われ1~2位の14名とレース平均点の高い3位の選手が4名選ばれます。
開催第5日目は、準決勝が3レース行われ1~3位が決勝に進めます。

開催第6日目の最終レースが決勝となります。
一次予選から勝ち上がるためには、3レースで上位に入る必要があり、トップ選手が参加する162名の中から勝ち上がるのは至難の業です。

一方で、特選組は、ゴールデンレーサー賞に向かえば準決勝が確定となりますが、トップ選手ばかりの特選レースで1~3着に入るのは簡単ではないと言えます。

競輪のダービーに出場する条件とは

競輪のダービーに出場する条件とは

日本選手権に出場するための条件
①:S級に所属していること
②:過去3回優勝した選手(開催時S級1班が条件)
③:獲得賞金が上位者であること(選考選手は162名、補欠は8名選出)

これらが日本選手権の主な出場条件で(オリンピック代表選手やJCFトラック種目強化指定選手も出場可)、出場のための選考期間は、前年2月~その年の1月と決まっています。(最低出走回数は48レースです)

競輪のダービーの勝ち上がりまでの賞金額は?

競輪のダービーの勝ち上がりまでの賞金額は?

特別選抜レース(開催第1日目、第2日目)

順位 賞金額
1 55万2,000円
2 45万6,000円
3 38万7,000円
4 35万1,000円
5 32万円
6 29万1,000円
7 26万3,000円
8 25万2,000円
9 24万3,000円

1位~3位はゴールデンレーサー賞へ進みます。また、4位~9位は二次予選へ進みます。

一次予選(開催第1日目、第2日目)

順位 賞金額
1 35万7,000円
2 30万8,000円
3 26万7,000円

1位~3位は二次予選へ進みます。

ニ次予選(開催第3日目、第4日目)

順位 賞金額
1 47万6,000円
2 39万3,000円
3 33万1,000円

1位~2位と3位の4名が準決勝へ進みます。

ゴールデンレーサー賞(開催第4日目)

順位 賞金額
1 192万9,000円
2 156万2,000円
3 127万2,000円
4 109万2,000円
5 93万2,000円
6 78万4,000円
7 68万9,000円
8 61万4,000円
9 54万1,000円

全員が準決勝へ進みます。

準決勝(開催第5日目)

順位 賞金額
1 70万9,000円
2 61万1,000円
3 54万4,000円

1位~3位までが決勝へ進みます。

G1日本選手権の過去10年の優勝者

G1日本選手権の過去10年の優勝者

過去10年間の優勝者

開催年度 競輪場 優勝者
2021年 京王閣競輪場 松浦悠士
2020年 開催なし
2019年 松戸競輪場 脇本雄太
2018年 平塚競輪場 三谷竜生
2017年 京王閣競輪場 三谷竜生
2016年5月 静岡競輪場 中川誠一郎
2016年3月 名古屋競輪場 村上義弘
2015年 京王閣競輪場 新田祐大
2014年 名古屋競輪場 村上義弘
2013年 立川競輪場 村上義弘
2012年 熊本競輪 成田和也
おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

9月21日にブラッククラスで「川崎7R→川崎10R」のコロガシ成功で投資金10,000円→2,111,200円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪アンビシャスの公式ページはこちら

まとめ

競輪ダービーこと日本選手権は、優勝賞金が6,206万円(2021年度)です。
決勝の2着が3,048万円で、3着が2,085万円となっています。
上位入着が決まれば、競輪グランプリへの道が開けてくる大会です。

日本選手権の決勝は、たとえ最下位になったとしても9位の賞金が642万円あるため、誰もが勝ち進みたい舞台であり、優勝すれば競輪最高峰の大会に名前を刻むことができます。