高松競輪場で勝つ為の予想マニュアル!特徴と傾向を徹底分析!

高松競輪場で勝つ為の予想マニュアル!特徴と傾向を徹底分析!

全国には43箇所の競輪場がありますが、それぞれの競輪場にはほかの競輪場にはないバンクの特徴や、風向きなど気候の特徴があります。

その競輪場にしかないバンクの特徴や風向きなどを知ることで、今後の車券の的中率をアップさせることができるのではないでしょうか。
少しでも多くの情報を取り入れて、車券の回収率アップに役立てましょう!
今回は四国の高松競輪場について、詳しく解説していきます。

おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

10月26日にブラッククラスで「広島10R→広島12R」のコロガシ成功で3,139,250円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪アンビシャスの公式ページはこちら

高松競輪場のコースの特徴

高松競輪場のコースの特徴
高松競輪場はかつて333mバンクだったものを、改修して400mバンクになっていますから、改修した名残りからカントがきついという特徴があります。

カントがきついと、コーナーで登る感じが強いという印象を受ける選手が多いとされています。
また、四方をスタンドなどで覆われているため、風の影響は受けにくくなっています。

カントとは

実際に間近で競輪場のバンクを見たことがある人は分かると思いますが、競輪場のバンクには急勾配の傾斜が設けられています。
この斜面のことを、競輪用語で「カント」と呼んでいます。

カントは、選手がスピードを緩めることなく走行するためや、選手が落車などの事故を起こさないために設けられています。

競輪選手は、時速70km近いスピードを出してコーナーを曲がろうとするわけですから、そこにかなりの遠心力が加わります。
その遠心力に対して自転車をまっすぐにするために、傾斜は絶対に必要なものです。

この傾斜がなければ、選手はスピードを保持したままコーナーに向かうことができませんし、傾斜がなければ落車の危険性はぐっと上がるでしょう。
この傾斜角度は各競輪場によって違いがあり、直線部分では約2~4度、コーナー部分では約25~35度となっています。

傾斜の角度が大きいほど「カントがきつい」、逆に傾斜の角度が小さいほど「カントがゆるい」と表現します。

高松競輪場のバンクデータ

周長 400メートル
直線 44.1メートル
センター部路面傾斜 33゜15´50″
直線部路面傾斜 2゜51´45″
ホーム幅員 11.0メートル
バック幅員 9.0メートル
センター幅員 8.0メートル

高松競輪場の気候の特徴

香川県高松市の気候は、平均的な気候であり、夏は短く蒸し暑く、湿度が高いという特徴があります。
また、冬は風が強くて非常に寒く、晴れの日が多くなりますが、-0℃未満や35℃を超えることはほとんどありません。

降水量

高松市の年間平均降水量は1,082mmですから、日本の平均年間降水量の1,718mmからするとかなり少ないことが分かります。
とはいえ、梅雨時期にはかなり雨量があるため、その時期の天候には十分に注意して予想する必要があるでしょう。

高松競輪場のバンクは、四方を建物で覆われているため、風による影響はあまりないバンクです。
よほど強い風が吹く時のみ、風の影響を考えればいいのではないでしょうか。
よって高松競輪場では風の影響はあまり考慮しなくてよいということです。

高松競輪場での予想法を徹底解説

高松競輪場での予想法を徹底解説
高松競輪場は、もとは333mバンクだったのを一般的な400mバンクに改修しています。
ですから、改修前の名残りでカントがきついバンクとなっているため、きついカントを利用した捲りが決まりやすいです。

そのほか、過去のデータから逃げや差しといった決まり手も効果的で、タイミング次第では逃げ切れるバンクであり、その後ろからの追い込みも十分ありえます。
高松競輪場での車券予想では、どの脚質というよりも成績や近況を重要視したほうがよいのではないでしょうか。

高松競輪場で勝ちやすい決まり手

高松競輪場の決まり手一覧

1着 2着
逃げ 20% 19%
捲り 23% 15%
差し 57% 31%
マーク 0 35%

上記の過去の決まり手から、逃げや捲りの決まり手もそこそこの割合で決まっている為、どんな脚質の選手でも勝てる可能性があるバンクだといえます。
逃げの決まり手も多く、かといって差しの決まり手も少なくありません。

高松競輪場のレースのポイント

高松競輪場は400mバンクですが、もともと333mバンクだった名残りから、カントがきついバンクであり、そのきついカントを利用しての捲りが決まりやすいというデータがあります。

また、先行選手が不利だといわれていますが、過去のデータでは1着2着の決まり手は逃げも少なくはありません。
仕掛けのタイミング次第では、逃げ切りも十分ありえるバンクです。

高松競輪場は元333mバンクの特徴をとらえて予想しよう

高松競輪場は、以前は333mバンク(さんさんバンク)だったこともあり、その時の名残りでカントがきつくなっています。
つまり高松競輪場ではの予想はきついカントを考えた上で考えなければなりません。
カントがきついバンクでは、だいたい捲り選手が有利で、逃げ切りは難しいといわれています。

また、高松競輪場のバンクはカントが急なため、コーナーでは登るという感じが強いとされています。
高松競輪場では、捲くる選手が有利なバンク、差しでの1着が多い、などといった特徴から追い込み選手と捲りの選手が買い目となりそうです。

高松競輪場の過去レースを分析

高松競輪場はバンクがきついことから、捲りの選手が有利だといわれています。
確かに過去のデータからは捲りの決まり手が多いことが見受けられます。
先行選手が不利だと言う割には、逃げて1着2着もそこそこあるため、一概に逃げが不利ともいえません。

たとえば、最近開催された2020年2月27日~29日の「F2香川杯モーニング競輪」では、3日間の1着の決まり手は、捲りが15回、逃げが11回、差しが9回でした。
この結果からしても、やはり捲りが有利なようですが、逃げも11回あるので、先行不利とは言い切れないようです。

初日の1着は逃げで決まったレースが多く、先行選手は直線が長いことと、カントがきついことを計算して、しかけを遅めにすることで逃げ切っていました。

こうしてみると、捲り有利なのは間違いないのですが、タイミング次第で逃げ切ることもできるバンクだといえます。
高松競輪場で車券を買う場合は、捲りを重視しながら強い先行選手にも注意しておいた方がよいといえるでしょう。

おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

10月26日にブラッククラスで「広島10R→広島12R」のコロガシ成功で3,139,250円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪アンビシャスの公式ページはこちら

高松競輪場の特徴

高松競輪場は香川県高松市にある競輪場で、1950年に開設されました。
記念競輪(GⅢ)は、「玉藻杯争覇戦」の名称で開催されていますが、ここ数年は毎年開催月が変たっています。

マスコットキャラクターは、チーターの「チータ力」で、チータ力にちなんで記念競輪の2日目の優駿競争がチータ力カップ」という名称で行われています。
過去には、1982年と1991年にオールスター競輪が、2000年と2004年には共同通信社杯が、2002年に西王座戦、2009年に東西王座戦が開催されています。
また、2014年には全日本選抜競輪が、2017年にはヴィーナスカップがそれぞれ開催されました。

高松競輪場のアクセス

高松競輪場へのアクセスは、高松琴平電気鉄道志度線今橋駅で下車し、徒歩10分です。
また、記念競輪が開催されている日は、高松駅前バスターミナル11番乗り場から、無料送迎バスが運行されています。

競輪場まで10分の乗車時間です。

住所 香川県高松市福岡町1‐4‐46
電話番号 087-851-5036
アクセス JR(瀬戸大橋線・予讃線・高徳線・土讃線)高松駅下車,正面出口左手のサンポート高松バスターミナルにある1番乗場から、まちなかループバス東周り乗車後「高松けいりん場」下車
競輪場までは約10分
ホームページ http://www.takamatsu-keirin.com

まとめ

今回は、香川県高松市にある高松競輪場について、バンクの特徴や気候、降水量、風の影響などを詳しく解説しました。
高松競輪場は、一般的な400mバンクですが、もともと333mバンクだったものを改修して400mバンクにしていることから、カントがきついという名残りもあり、直線がやや長くなっています。

そんな理由から、カントを利用した捲りが決まりやすいバンクですが、逃げでの決まり手もやや多く、仕掛けのタイミング次第では先行選手も十分勝てるバンクです。
車券の予想では、捲りの得意な選手と、実力のある先行選手や追い込み型選手からを軸として買うのがよいでしょう。

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました!