小松島競輪場で勝つ為の予想マニュアル!特徴と傾向を徹底分析!

高知競輪場で勝つ為の予想マニュアル!特徴と傾向を徹底分析!

全国には43箇所の競輪場がありますが、それぞれの競輪場にはほかの競輪場にはないバンクの特徴や、風向きなど気候の特徴があります。

各競輪場にしかないバンクの特徴や風向きなどを知ることで、車券の的中率をアップさせることができることもあります。
少しでも多くの情報を取り入れて、今後の競輪予想に役立てましょう!
今回は、四国の小松島競輪場について、詳しく解説していきます。

おすすめ予想サイト
競輪予想サイトJKI

7月27日に金輪プランで「富山7R→函館7R」のコロガシ成功で1,460,600円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪JKIの公式ページはこちら

小松島競輪場のコースの特徴

小松島競輪場のコースの特徴
小松島競輪場は標準的な400mバンクで、直線の長さもやや長くなっています。
小松島競輪場はかつて500mバンクだったものを改修したため、その名残りからカントがゆるくなっています。

また、バック側は建築物の裏が海岸になっており、全国の競輪場でもっとも海に近い競輪場ともいわれています。
しかし、常に海風の影響を受けるため、海風に対する注意が必要となってきます。

カントとは

競輪場のバンクには、急勾配の傾斜がついていますが、この傾斜のことを競輪用語で「カント」と呼んでいます。
このカントをバンク内に設けている理由には以下のようなものがあります。

カントを設けてる理由
・選手がスピードを落とさずに走行することができうるため
・選手が落車などの事故を起こさないようにするため

競輪選手は時速70km近いスピードでコーナーを曲がるため、当然そこに大きな遠心力が働きます。
その遠心力に対して、自転車をまっすぐに向かせるためには大きな傾斜が必要になりますし、傾斜がなければ選手は自転車ごと外に引っ張られて落車するでしょう。

選手にとって、カントがあることでコーナーでもスピードを緩めることなく走行することができるわけです。
この傾斜角度は各競輪場によって違いがあり、直線部分では約2~4度、コーナー部分では約25~35度となっています。
傾斜の角度が大きいほど「カントがきつい」、逆に傾斜の角度が小さいほど「カントがゆるい」と表現します。

小松島競輪場のバンクデータ

周長 400メートル
直線 55.5メートル
センター部路面傾斜 29゜46´27″
直線部路面傾斜 2゜51´45″
ホーム幅員 10.3メートル
バック幅員 9.3メートル
センター幅員 8.3メートル

小松島競輪場の気候の特徴

小松島競輪場がある徳島県小松島市の気候の特徴は、どちらかといえば瀬戸内海式気候に属します。

しかし、太平洋側の気候とも隣合わせであり、梅雨などの時期にはかなり雨が降ります。
日照時間が多いので、年間を通して湿度は低いのですが、梅雨の時期は湿度が高くなります。
なお、年間の平均気温は16.4度となっています。

降水量

小松島市の年間降水量は1,381.8mmですから、日本の平均年間降水量の1,718mmからするとかなり少ないことが分かります。
とはいえ、梅雨時期にはかなり雨量があるので、その時期の天候には注意して予想する必要があるでしょう。

小松島競輪場は、全国で最も海岸に違い競輪場のため、海風の影響は非常に大きいといえます。
特に、バックストレッチ側の影響が大きく、しかも季節や天候によって風向きが変化しますから要注意です。

小松島競輪場は、風を読まなければ車券の回収率を上げることができないともいわれていますので、風の影響を考慮してしっかりと予想しましょう。

小松島競輪場での予想法を徹底解説

小松島競輪場での予想法を徹底解説
小松島競輪場は、一般的な400mバンクの競輪場で直線が55.5mとやや長くなっています。
その影響なのか、1着2着共に逃げの決まり手が少なく、その分差しの決まり手が多くなっています。

また、全国の競輪場で最も海岸に近い競輪場のため、季節や天候によって風向きが変化する風には要注意です。
風を読まなければ、なかなか車券を当てることができないといわれるほどですので、風向きには注意して予想しなければならないでしょう。

小松島競輪場で勝ちやすい決まり手

小松島競輪場の決まり手一覧

1着 2着
逃げ 15% 16%
捲り 24% 16%
差し 60% 35%
マーク 0 33%

過去の決まり手のデータを見ると、あまりクセのない400mバンクといわれますが、逃げでの決まり手が少なく、その分差しで決まっているケースが多いようです。

捲りもそれほど決まりやすいバンクとはいえないようです。
小松島競輪場は平均的な400mバンクですが、直線がやや長く、しかもバックストレッチ側に海岸があって常に風の影響を受けますから選手にしても、レースの組み立てが難しくなるでしょう。

小松島競輪場のレースのポイント

小松島競輪場は、バンク自体あまりクセのないバンクといわれており、もともと500mバンクを改修したため、カントもゆるやかです。
直線がやや長く過去のデータからしても、逃げの決まり手が少ない特色があります。

逃げの決まり手が少ない分、指しの決まり手が多く、特に1着の差しは60%もあります。
これは、小松島競輪場独特の海風の影響や、直線が長いことが影響しているためであり、先行選手には不利なバンクだといえそうです。

小松島競輪場は海岸からの風向きの特徴をとらえて予想しよう

小松島競輪場の最大の特徴といえば、全国の競輪場の中でも最も海岸に近いことですから、バックストレッチ側からの海風に注意する必要があります。

海風は、季節によっても天候によっても風向きが違ってくるので、予想する側も選手も風を計算しなければなりません。

バックが向かい風となる場合は、ホームは追い風となるのですが、その場合の脚質の有利さや、その逆でバックの追い風の場合に有利になる脚質も、計算しておく必要があるでしょう。
小松島競輪場は、風を把握しなければ車券の回収率は高くならないので、特に風には注意するべきでしょう。

小松島の過去レースを分析

小松島競輪場は、一般的な400mバンクでクセがあまりないといわれていますが、過去のデータ結果では、逃げの勝率がよくありません。
2020年2月12日~14日に開催された「笹田伸二杯争覇戦」でも、3日間の決まり手が、差しが18回、捲りが10回、逃げは5回のみでした。

こうしたデータ結果からしても、逃げが不利で追い込みが有利なことが分かります。
小松島競輪場でのレース予想は、逃げからではなく追い込み選手からを買い、あとは風向きに注意することを考慮しましょう。

おすすめ予想サイト
競輪予想サイトJKI

7月27日に金輪プランで「富山7R→函館7R」のコロガシ成功で1,460,600円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪JKIの公式ページはこちら

小松島競輪場の特徴

小松島競輪場は、徳島県小松島市にある競輪場で、1950年に開設されました。
開設記念競輪(GⅢ)として「阿波おどり杯争覇戦」が毎年7月に行われ、GⅡとして過去には2006年に「ふるさとダービー」が、2010年に「共同通信社杯春一番」が開催されました。

ガールズ競輪に関しては、小田原競輪場と同じで女子選手用の控室がないことから開催の実績はありません。

しかし、小松島競輪場をホームバンクとするガールズケイリン選手に、118期の岩原紗也佳香選手がいるのでぜひ開催してほしいところもあります。

小松島競輪場のアクセス

小松島競輪場へのアクセスは、四国旅客鉄道牟岐線南小松島駅を下車し、徒歩約10分です。
開設記念競輪の開催時のみ、徳島駅から無料送迎バスが運行されています。

住所 徳島県小松島市横須町5-57
電話番号 0885-32-0290
アクセス JR牟岐線・南小松島駅から徒歩10分
ホームページ http://komatsushimakeirin.com

まとめ

今回は、徳島県小松島市にある小松島競輪場について、バンクの特徴や気候、降水量、風の影響などを詳しく解説しました。

小松島競輪場は、一般的な400mバンクでもともとは500mバンクを400mバンクに改修したため、カントがゆるやかといった名残があります。

直線がやや長いことと、バックストレッチからの海風が厳しく、先行選手にはかなり不利なデータ結果も出ています。

小松島競輪場でレース予想する際は、風の計算をしつつ追い込み選手からを軸として車券を購入するべきでしょう。
最後までご覧頂きまして、ありがとうございました!