競輪の電話投票の手順を分かりやすく解説!

競輪の電話投票の手順を分かりやすく解説!

競輪の車券は競輪場に行けば購入することができます。
とはいえ、競輪場は各都道府県にあるわけではありません。
むしろ自分の行動範囲内に競輪場があるという人のほうが少ないでしょう。

しかし、競輪の車券は実際に競輪場に行くことができない人も問題なく購入できるように体制が整えられています。
本記事では競輪の車券を購入する方法の一つである「電話投票」について詳しく解説していきます。

おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

2月1日にプラチナクラスで「小倉3R→小倉4R」のコロガシ成功で投資金10,000円→1,164,290円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

アンビシャスの無料登録はこちら

競輪場の数は全国に43か所

競輪場の数は全国に43か所

競輪場が全国に何か所あるか知っている人はいるでしょうか。
競馬が開催される競馬場であれば、G1レースが開催される「東京競馬場」や「阪神競馬場」などは競馬に興味がないひとであってもニュースなどで聞いたことがあるでしょうし、競艇であれば「住之江競艇場」の認知度はかなり高いです。

それと比べると競輪場がどこにあるかについては、競輪が好きな人でなければあまり知らないでしょう。
競輪場は北は北海道函館から、南は九州熊本まで全国に43か所あります。
この数は公営競技が行われる会場としてはもっとも多いです。

参考 全国の競輪場

競輪は朝から晩までレースが開催されている

競輪は朝から晩までレースが開催されている

競輪は昼間にのみレースが行われているわけではありません。
「モーニング競輪」として、朝8時半から開催されることもあれば、「ミッドナイト競輪」は夜11時以降もレースが行われるなど、私たちが活発に活動している時間帯の間はほとんどどこかの競輪場でレースが開催されています。

競馬の場合、中央競馬は週末の日中しか開催されませんし、地方競馬ではナイター開催もおこなわれるものの、夜9時前にはすべてのレースが終了してしまいます。
そう考えると、競輪は誰でもリアルタイムでレース観戦をしやすい公営競技といえるでしょう。

車券を購入する方法

車券を購入する方法

車券を購入する方法は大きく分けると4種類あります。
それぞれの購入方法について、簡単に解説していきます。

競輪場で直接購入

全国に43か所ある競輪場には当然車券を購入できる場所が設けられており、直接購入することができます。

現在は後述するインターネットによる購入がメインとなっていて、競輪場でももちろんインターネットからの購入が可能で手間もかからず便利ではありますが、競輪場で直接購入すると車券を受け取れるというメリットがあります。

初めて競輪場を訪れた記念として、直接競輪場で車券を買い、用紙をもらうというのも競輪場に観戦に行った際の醍醐味のひとつとなりつつあります。

場外車券売場で購入

競輪場が近くにないという人でも全国にある「場外車券売場」に行けば競輪場と同様に車券を購入することが可能です。
とはいえ、47都道府県すべてに場外発売所があるわけではありません。

公式ページに掲載がありますので、お近くの券売場を探す時はご利用してみてください。

場外車券売場を探す

ネットから購入

競馬の馬券、競艇の舟券と同様に競輪の車券もインターネットを介して購入することが可能となっています。
もちろん全43か所の車券が購入可能となっている、というよりも、千葉競輪場は改装後「PISUT6」という他の競輪場とはまったく異なったルールでレースが開催されるようになりました。

それに伴って競輪場での車券の販売等は一切行っておらず、車券を購入するにはインターネットを利用し、「PIST6オフィシャルサイト」からしか購入できないようになっています。
つまり全43か所の車券が購入可能なのは、インターネットによる購入のみとなっているのです。

電話投票

本記事で詳しく解説するのが4つ目の方法である「電話による投票」です。
実際の手順については以降の項目で細かく説明するので読み進めてみてください。

インターネットが苦手な人は「電話投票」をしてみよう

インターネットが苦手な人は「電話投票」をしてみよう

先に解説したとおり、現在はインターネットによる投票がメインとなっており、特に千葉競輪場はネットでしか車券を購入できないようなシステムになってしまいました。

しかし競輪ファンには年配の人も多く、そういった人は携帯電話で電話やメールはできても車券の購入方法がまったく分からない、という人が一定数存在するのも事実です。

ネット投票の登場により、利用者は大幅に減少していることは間違いありませんが、インターネットが苦手な人でも問題なく車券が購入できるよう、現在も電話による投票が可能となっています。
どうしてもネットでの投票が難しいという人は、遠慮なく電話投票を利用しましょう。

電話投票のメリットとデメリット

電話投票のメリットとデメリット

電話投票最大のメリットは、ネット投票と同じく直接競輪場や場外発売所に行けない人でも気軽に車券を購入できる、という点です。

特に新型コロナウィルスによって無観客開催を余儀なくされた2021年は普段競輪場で車券を購入するという人でもネット投票又は電話投票するしかありません。

ネット投票ができる人であれば問題ありませんが、パソコンやスマートフォンがない、又はあっても使いこなせない人にとって、電話投票は車券を購入できる唯一の手段であり、とても重宝したことでしょう。

このように非常に便利な電話投票ですが、一方でデメリットもあります。
まず、後述しますが電話投票を行う際には提携している銀行の口座を所有している必要があります。

もし口座を持っていないのであれば、新しく口座を開設しなければなりません。
そして、口座を新たに開設する際にも、電話投票の申し込みをする際にも書面による申し込みとなるので、利用したいと思ってもすぐに利用できないのは大きなデメリットです。

更にネット投票が出来るサイトやアプリの場合、車券を購入することで楽天ポイントなど各種ポイントが付与されるところが数多くありますが、電話投票の場合はそういったポイントは一切付与されません。

まずは申し込みと口座開設

まずは申し込みと口座開設

電話投票をしたいと思ったのであれば、まずは申し込みをしなければなりません。
競輪の電話投票を申し込みする際の専用ダイヤルは「0120-319634」なので、電話をして電話投票の申し込みをしたい旨を伝えてください。

すると後日「加入申込書」が指定した住所に郵送されるので、必要事項を記入して郵送します。
申込書の記入に不備がなければ、さらに後日「口座開設書類」が届くので、口座がすでにある人はそちらに必要事項を記入します。

口座をまだ開設していない人はこの時に必ず新しく口座を開設しておきましょう。
口座開設書類を郵送し、特に問題が無ければ専用の通帳と、サイクルテレフォンセンターから「利用開始通知」の連絡が入ります。

以上で申し込み手続きは完了です。

申し込みが完了したらどこのレースでも電話投票が可能!

申し込みが完了したらどこのレースでも電話投票が可能!

電話投票の申し込みが完了したら、後は電話で投票したいレースと買い目を伝えれば自宅に居ながらにして車券を購入することができます。

かつて電話投票は利用者と各競輪場での契約となっていたため、契約した競輪場でしか電話投票ができませんでしたが、現在は千葉競輪場を除いたすべての競輪場のレースの車券を購入可能となっています。

電話投票でミッドナイト競輪も楽しめる!

ミッドナイト競輪(引用元:keirin.jp)

ミッドナイト競輪は夜11時以降もレースが開催されます。
ネット投票はともかく、電話投票はできないのではないかと思ってしまっている競輪ファンもいることでしょう。

しかし電話投票でもすべてのミッドナイト競輪のレースを購入することが可能なので、安心して利用してください。

電話投票の際に注意しておきたいこと

電話投票の際に注意しておきたいこと

いつでもどこでもほぼすべての車券が購入できる電話投票は非常に便利ではありますが注意しておいてほしい点があります。

入金・振替に関してはネット投票と違ってタイムラグがあるので、余裕をもって早めに入金や振り替えをしておくことをおすすめします。

電話投票での入金や振り替えは即座に反映されるわけではなく、17時までに入金した場合は翌日に反映されることとなります。

つまり、水曜日のレースの車券を買いたいと思っているのであれば、火曜日の17時までに入金を済ませておかなければならない、というわけです。
17時以降の入金指示となった場合は翌日ではなく、翌々日に入金が反映されます。

解約したいとき

解約したいとき

利用する際の特に料金が発生するというわけでもないので、利用しない場合でもそのままにしておいて特に何の問題もないのですが、ちゃんと解約をしたいというのであれば、「サイクルテレホンセンター」に解約したいと伝えると、解約の手順を詳しく教えてくれます。

おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

2月1日にプラチナクラスで「小倉3R→小倉4R」のコロガシ成功で投資金10,000円→1,164,290円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

アンビシャスの無料登録はこちら

まとめ

競輪場は全国に43か所ありますが、当然47都道府県すべてにあるわけではなく、競輪が好きでもなかなか現地に行けないという人も多いです。

しかしそういった人でも問題なく車券を購入できるように、競輪場での販売以外にも各地にある場外発売所で購入できますし、インターネットを利用して車券を購入することができます。

ネット購入はいつでもどこでも可能なので、今や車券購入の主流となっていますが、年配の競輪ファンのなかにはとてもネット購入はできない、という人も多いことでしょう。
そんな人たちでも利用できるのが「電話投票」です。

申し込みは書類でおこなうため、時間がかかるというデメリットはあるものの、申し込みさえ完了すればモーニングからミッドナイトまでほぼ全てのレースの車券を自宅や出先で購入することができます。

ネット投票ができない人も電話投票を積極的に利用すれば快適な競輪ライフを送ることができるのではないでしょうか。