玉野競輪場で勝つ為の予想マニュアル!特徴と傾向を徹底分析!

小倉競輪場の特徴

全国には43箇所の競輪場があって、それぞれの競輪場にはほかの競輪場にはないバンクの特徴や、風向きなど気候の特徴があります。
その競輪場にしかないバンクの特徴や風向きなどを知ることは、今後の車券の的中率をアップさせるためにはとても重要なことです。

少しでも多くの情報を取り入れて、車券の回収率アップに役立てましょう!
当記事では岡山県の玉野競輪場について、詳しく解説していきます。

おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

10月26日にブラッククラスで「広島10R→広島12R」のコロガシ成功で3,139,250円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪アンビシャスの公式ページはこちら

玉野競輪場のコースの特徴

玉野競輪場のコースの特徴
玉野競輪場のバンクは、一般的な400mバンクでやや円形に近いバンクですが、クセがなくて走りやすいといわれています。
見なし直線は、佐世保競輪場についで短いのですが、バックストレッチ側のすぐ先が瀬戸内海となっているため風の影響を受けます。

このような理由から必ずしも先行選手が有利とはいえません。
特に3コーナー付近に建物がないため、その辺りから吹き込んでくる海風はレースに影響を与えます。
ただ、ミッドナイト競輪では風の影響を受けにくく、先行選手が有利となり昼間とは逆のバンクコンディションとなります。

カントとは
競輪場のバンクを間近で見た人はよく分かると思いますが、バンクにはかなりの急勾配を設けています。
この傾斜のことを、競輪用語では「カント」と呼んでいます。

バンクにカントを設けている理由は、選手がスピードを緩めることなく走行するためや、選手が落車などの事故を起こさないためです。
たとえば、競輪選手は時速70km近いスピードでコーナーに向かっていきますが、そこに傾斜がなければほぼ落車するかコースから外れてしまうでしょう。

また、そんなスピードでコーナーを曲がるわけですから、かなりの遠心力が加わります。
自転車が大きな遠心力をまっすぐに支えるためにも、傾斜は絶対に必要なものです。
この傾斜角度は各競輪場によって違いがあり、直線部分では約2~4度、コーナー部分では約25~35度となっています。
傾斜の角度が大きいほど「カントがきつい」、逆に傾斜の角度が小さいほど「カントがゆるい」と表現します。

玉野競輪場のバンクデータ

周長 400メートル
直線 47.9メートル
センター部路面傾斜 30゜37´33″
直線部路面傾斜 3゜26´1″
ホーム幅員 10.3メートル
バック幅員 9.3メートル
センター幅員 7.5メートル

玉野競輪場の気候の特徴

岡山県玉野市の気候は、夏は短く蒸し暑く、温度や湿度が高いという特徴があります。
また、冬は風が強くて非常に寒く晴れの日が多くなりますが、-0℃未満や35℃を超えることはほとんどありません。
年間の平均気温は15.5℃となっています。

降水量

玉野市の年間平均降水量は1,115mmですから、日本の平均年間降水量の1,718mmからするとかなり少ないことが分かります。
玉野市の降水量の多い季節は、4月25日から10月1日までの5ヶ月ほどで、その時期の天候には注意してレース予想する必要があるでしょう。

玉野競輪場は、海が近いために風の影響を受けやすく、直線がサンサンバンク並に短いわりには先行選手には不利なバンクとなっています。
ただし、逆に風のない日は格下のレースでは逃げの着数が増えています。また、競輪レース時の平均風速は1.19mとなっています。
風はレース展開に大きく影響しますので、こまめにチェックしておきましょう。

玉野競輪場での予想法を徹底解説

玉野競輪場での予想法を徹底解説
玉野競輪場は一般的な400mバンクであり、円に近い形のバンクで、クセがなく軽くて走りやすいバンクだといわれています。
過去の決まり手のデータからしても、直線距離がサンサンバンクなみに短いわりには、それほど逃げが有利なわけでなす、どの脚質でも勝てる可能性のあるバンクだといえます。

また、玉野競輪場は海に冥しているため風の影響を受けやすいといった特徴を持っています。
逃げが有利でない理由のひとつとして風の影響があるのです。

ただ、風がない日や格下のレースでは、直線距離が短いため、逆に先行選手が有利となります。
では、実際にはどのような決まり手が勝ちやすいといえるのでしょうか。

当項目では、玉野競輪場で勝ちやすい決まり手や特徴から予想の精度を上げるための方法を探っていきます。

玉野競輪場で勝ちやすい決まり手

玉野競輪場の決まり手一覧

1着 2着
逃げ 17% 19%
捲り 25% 11%
差し 58% 34%
マーク 0 36%

上記の過去の決まり手を見ても、どの脚質が有利でどの脚質が不利だとは断定できないといった結論になりました。
上記の表から逃げや捲り、差しの決まり手の比較をするとほぼ一般的な割合といえます。
バンクに関しても、実際には円状の400mバンクであり、クセがなく走りやすいといわれています。

ホームかましにも注意

ホームかましとは
先行する選手が、ホームあたりから前のラインを一気に追い抜いて先行態勢に入り、そのまま逃げ切ろうとする戦法を「ホームかまし」といいます。
「かまし」とは、相撲の「ぶちかまし」から引用したといわれています。
先行選手が、ホームかましを用いるのは、先に先行しようとする選手がホーム前でペースダウンしたときに、タイミングを図ってしかける戦法です。

ホームかましは、前にいる先行選手が油断している時などに、タイミングよくしかけることであっさりと逃げ切ることもあります。
しかし、場合によってはタイミングがずれることで、あっさり逃げることができずに先行争いで脚を使ってしまい、結果的に自滅するケースもあります。
ホームかましは、脚力のある先行選手や好調な選手だけでなく、ラインが短い格下の先行選手が奇襲的に行うこともありますが、その場合直線まで持たないことも多いようです。

玉野競輪場のレースのポイント

玉野競輪場は一般的な400mバンクで、円形に近い形をしたバンクです。
直線がサンサンバンクなみに短いのが特徴なため、先行選手が有利だといえそうですが、過去のデータからすると、それほど逃げの勝率は高くありません。

一方、捲りや差しの決まり手も多く、どの脚質が有利なのか一概にいえないバンクとなっています。
ただ、玉野競輪場は海に近いため、海風による影響があり、特に逃げる選手に影響しますから、海風が強い日は先行選手が不利になります。

玉野競輪場は海風の特徴をとらえて予想しよう

玉野競輪場は、海岸に隣接した場所にありますから、どうしても海風の影響を受けやすくなっています。
先行選手にとっては海風が強いと確実に不利になってきますから、その日の風の状態を把握した上での車券予想をしたほうがよいでしょう。

特に、バックストレッチでの向かい風は、先行選手には不利であり、逆に捲くる選手にとっては有利に働きます。
海風が強い日のレース予想は、よほど脚力のある先行選手以外は、買いづらいといえるでしょう。

玉野競輪場の過去レースを分析

玉野競輪場での過去のデータから、総合的にどの脚質が有利でどの脚質が不利だとはっきりとはいえない結果が出ています。
それは、その日の風の強さや風向き、先行や捲りの仕掛けのタイミングなどで変わってくると見られます。

たとえば、最近のレースで2020年2月23日~25日に開催された「F1/デイリースポーツ杯&本田晴美杯」では、3日間の決まり手は捲りが16回、指しが14回、逃げは6回でした。
この結果から、その日の風の影響もありますが、やはり逃げが不利なことが分かります。

一方、捲りや差しでの決まり手が多く、逃げからを軸とした買い方は避けたほうがよいといえるでしょう。

おすすめ予想サイト
競輪アンビシャス

10月26日にブラッククラスで「広島10R→広島12R」のコロガシ成功で3,139,250円の払い戻し!
今なら1万円分のポイントがもらえるキャンペーン実施中!無料登録して損なし!!

競輪アンビシャスの公式ページはこちら

玉野競輪場の特徴

玉野競輪場は岡山県玉野市にある1950年に開設された競輪場です。
記念競輪(GⅢ)としては、「瀬戸の王子杯争奪戦」が毎年3月に開催されています。

また、過去には2000年12月にふるさとダービーが、2005年2月に西王座戦、2010年に東西大座戦がそれぞれ開催されました。
マスコットキャラクターは、ユニークな顔の競輪選手をイメージしたという「ガッツ玉ちゃん」で、ネーミングにちなんだ「ガッツ玉ちゃん杯」が開催されています。
ガッツ玉ちゃんは、ゴツイ男性をイメージしていて、ここまで可愛くないキャラクターは珍しく、そこが逆に親しまれています。

また、岡山県のおとぎ話「桃太郎」にちなんで「桃太郎杯」が開催され、記念競輪の2日目の優秀競争に「ももたろう賞」が行われています。
玉野競輪場は2020年から、大規模なリニューアルが予定されていて、2020年には競輪場にホテルが併設される予定もあり、観光スポットとしても注目されています。

玉野競輪場のアクセス

玉野競輪場へのアクセスは、JR西日本宇野線宇野駅で下車し、バス乗り場からは無料送迎バスが運行されていて便利です。
また、記念競輪の開催期間中のみ、朝と終了時に岡山駅から玉野競輪場の直行無料バスが運行されます。

住所 岡山県玉野市築港5丁目18番1号
電話番号 0863-31-5281
アクセス JR宇野駅から無料送迎タクシーで約5分
ホームページ https://www.tamano-keirin.jp

まとめ

今回は、岡山県玉野市にある玉野競輪場について、バンクの特徴や気候、降水量、風の影響などを詳しく解説しました。
玉野競輪場は一般的な400mバンクで、円形に近い形をしていて、あまりクセのないバンクといわれています。

直線の距離がサンサンバンクなみに短いため、先行有利にみえますが、実際は海風の影響などから捲りや差しでの決まり手が多いようです。
玉野競輪場で車券を予想する場合は、よほど強い先行選手以外は、捲りや追い込み選手を軸にして予想してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧頂きまして、ありがとうございました!